読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ALWAYS 三丁目の夕日
2005年 日本映画
TOHOシネマズ南大沢にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 昭和33年、「戦後」から「高度成長期」に移行する時代の東京を描いた作品です。
 その時代に少年時代を過ごした世代(ちょうど私の両親の世代)にとっては懐かしくて仕方の無い作品のようです。
 私は当然、当時を懐かしむような世代ではないのですが、そんな私にとっても「最高」の作品でした。
 ここ数年のうちに観た日本映画のなかでは、間違いなくNo.1の作品です。

 懐かしいはずがないのに、昭和33年の東京にのめりこんでしまいました。心を揺さぶられっぱなしだったのです。
 何故こんなに心を揺さぶられたのか、改めて考えてみました。

 敗戦の傷跡がまだ癒えきっていない、まだ貧しかった東京。
 でも、当時は夢を見ていられる時代だったんですね。
 たくさん働いて、たくさんお金を稼いで、三種の神器を手に入れる。
 それが、自分も家族も幸せになるということで、引いては日本の発展にもつながる、と信じていられることができた時代なのでしょう。

 それに対して現代の日本は、夢を持つのが難しい時代です。
 たくさん働くことも、たくさんお金を稼ぐことも、必ずしも幸せにつながるとは限らない。
 それに、日本が発展することが本当にいいことなのかすら、わからない。
 そんな閉塞した時代に生きている私にとっては、この作品に出てくる人たちが夢を持って前向きに生きている姿が、とても眩しく見えたのです。

 昭和33年という時代は、言ってみれば高度成長の黎明期です。
 この時代の「物質的な豊かさをひたすら追い求める」スタイルが、その後の日本のライフスタイルとなり、現代ではそのボロが露呈してしまった。

 だから、よくよく考えれば、この時代の人たちの「物質的な豊かさを求める姿」を手放しで賞賛することはできないはずなのですが、そんな理屈なんかどうでも思えてしまいました。

 とにかく、生き生きと生きる彼らは眩しいです。
 閉塞した現代に生きる私たちに、元気を与えてくれる作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
皆様コメントありがとうございました
 お返事が遅くなってしまいましたが、皆様どうもコメントありがとうございました。

フラウさんへ

 あの時代を経験された世代をうらやましく思ってしまいます。
 私は第二次ベビーブーマですが、私の少年期はすでに飽食の時代でした。社会人になった今も、夢を持ちにくい時代だなぁと感じています。

groovyさんへ

 私もまた観にいきたいと思っています。あの世界にまた浸りたい。

ひーらぎさん、meguさんへ

 TB間違い、気になさらないでくださいね ^^
2005/12/17(土) 00:32:50 | URL | 管理人 #-[ 編集]
すみません↓
もうひとつの方のブログのアドレスが表示されていました(汗)改めて・・・。
2005/12/08(木) 03:17:15 | URL | meg #-[ 編集]
TBありがとうございました。
はじめまして。
ご挨拶が遅くなってごめんなさい。
初心者でTB自体よく分からないのですけど、
こちらも、TBさせていただきますね。
シネマのブログを始めたばかりで、
まだまだ充実していませんが、よろしくお願いします。
2005/12/08(木) 03:11:11 | URL | meg #-[ 編集]
ごめんなさい!
TBする記事間違えちゃいました…
正しい記事をTBさせていただきます。
ほんとにごめんなさい。
2005/12/04(日) 22:50:15 | URL | ひーらぎ #-[ 編集]
TBありがとうございました。
2005/12/04(日) 22:43:42 | URL | ひーらぎ #-[ 編集]
TBありがとうございました
お礼が遅くなってしまい、すみません。
このところちょっと体調を崩していたもので。

これは本当に良い作品でした。鑑賞からもう一ヶ月近くになろうというのに、いまだに本編のシーンがフラッシュバックしたり、また観に行きたくなったりします。

また、実生活でビルの合間から東京タワーが見えると、日本の明るい未来と希望を象徴するような扱われ方をされていた本編に対し、現代の高層ビル群に埋没しかかっているその姿とが対照的で、ちょっと哀愁を帯びて見えたりもします。

SMAPの「夜空ノムコウ」という曲の歌詞に「あの頃の未来に僕らは立っているのかな」という一節があるのですが、舞台となっている時代に働き盛りとして生きた人々は、この現代社会を見て、どう思っているかにちょっぴり興味があります。「こんなはずではなかった」というのでしょうか。それとも「俺達がこの国をここまで豊かにしたんだ」と自負しているのでしょうか。
2005/12/04(日) 20:45:35 | URL | groovy #3/VKSDZ2[ 編集]
初めまして
TBありがとうございました。
ご両親の年齢のフラウです。

ひとつひとつのアイテムに「そう!そう!」と声を出しそうになって困りました。
子供たちはあの頃の私たちのように、毎日新しい発見で喜んでいるのでしょうか?
夢を持つより、疲れているような気がします。
2005/12/03(土) 17:35:27 | URL | フラウ #0K.AxFoo[ 編集]
由松さん、くじらさん、Hanaさん、リンゴさんへ
コメント、どうもありがとうございました。

由松さんへ

「海を飛ぶ夢」はALWAYSとは対照的に、とっても重い映画でしたね。私にはちょっと消化不良ぎみでした。

Hanaさんへ

私たちの世代も、あの土の匂いのしそうな下町の風景に、「懐かしい」と思える世代ではあるのでしょうね。
今の子供たちが大人になって、この映画を観たときには、どう感じるのかなぁ。

リンゴさんへ

この時代の人たちは、現代よりもずっと前向きに生きていられたんでしょうね。
でも、私たちは「あの時代はいいなぁ」なんて言っていてはいけないんですよね。
現代は現代なりの生き方や夢を模索しながら生きなくては・・・とこの作品に戒められました。
2005/12/03(土) 00:34:04 | URL | 管理人 #25OPJu36[ 編集]
こんにちは
『日暮し』のリンゴです。
TBありがとうございました!

昭和33年は、夢を見ていられる時代だった…というコメントに、確かになぁと頷いてしまいました。
三種の神器などの「物質的な豊かさ」を求めていたのは確かだけど、それは自分達の「幸せ」になると思っていたからですよね。それは確かに安直かもしれないけど、自分の家族の「幸せ」を真っ直ぐに願っている姿だから、私たちも見ていて良かったねぇ、とホロリとするのでしょうね。
2005/12/02(金) 22:50:05 | URL | リンゴ #hrzdXNtM[ 編集]
はじめまして
TBありがとうございました。
私もまだ生まれる前のお話ですが、何だか懐かしさを感じました。

現在、豊かになって何不自由ない暮らしがあると言っても、あの頃の輝きを失いかけている気がします。みんなキラキラしてていいですよね!
2005/12/02(金) 15:25:58 | URL | Hana #-[ 編集]
TBありがとうございました。
2005/12/02(金) 12:45:30 | URL | くじら #-[ 編集]
TB
されていたので拝見に伺いました。
映画がお好きなんですね~。
私も観た映画、観たかった映画についてたくさん書かれていらっしゃるので、じっくり読ませていただきます。
最近私も観た共通の映画、ということで『海を飛ぶ夢』のところにこちらからもTBさせていただきました。
よろしかったらご覧下さい。
2005/12/02(金) 10:42:48 | URL | 由松 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/96-525bd62a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ALWAYS 三丁目の夕日泣いた、、、ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。SFXとは、こういう使い方をするんだぁ!年代は...
2005/12/10(土) 14:01:18 | 猫姫じゃ
★★★★★★★★★★母の少女時代にタイムスリップしたようで、とても楽しい時間だった。 ALWAYS 三丁目の夕日は、昭和30年代の日本がいかに古き良き時代だったかを体感さ
2005/12/08(木) 03:28:29 | Cinema de Griet
2005年 日本映画TOHOシネマズ南大沢にて鑑賞~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 昭和33年、「戦後」から「高度成長期」に移行する時代の東京を描いた作品です。 その時代に少年時代を過ごした世代(
2005/12/08(木) 03:22:09 | Cinema de Griet
ナマ!『ALWAYS 三丁目の夕日』を観に行った。吉岡さんも堤さんも大好きなので、キュンキュンしながら観てた。茶川さんと鈴木オートの漫才みたいなやりとりとか、鈴木オートのゴジラ化とか、所々に散りばめられたギャグシーンに笑い、茶川さんと淳之介の、血の繋がりより..
2005/12/04(日) 22:51:26 | 鉄線ガーデン
指輪あたアルヨー!!今、上着どけたらコロンて出てきたアルヨー!!昨日どんなに探しても無かったのに…探し方が悪かったのか?何はともあれ、めためた嬉しい!明日はめっちゃ頑張るアルヨー!!
2005/12/04(日) 22:40:19 | 鉄線ガーデン
  映画≪ALWAYS三丁目の夕日≫を観てきた。結論から言うと、目から鱗(うろこ)が落ちる思いがした。 正直に言うと、これまでは邦画にあまり関心がなかった。あくまで主観だが、ハリウッド映画はスケールが大きい一方、細かなこだわりにも作り手の情熱やロマンが感じられ
2005/12/04(日) 20:26:51 | With Wisdom and Courage and Love.
「春の雪」を見たあと、1時間のインターバルの時間に買い物、食事を済ませ、「ALWAYS 三丁目の夕日」を見た。原作:西岸良平  脚本:山崎貴・古沢良太  監督:山崎貴原作の漫画は読んでいない。しかし、舞台は昭和33年、描かれている家庭の子供たちが私の少し年上で
2005/12/03(土) 17:36:05 | ☆酒酒落落☆
心暖まる作品でした。舞台は東京タワー完成間近の東京。時は昭和33年。私が生まれる遥か前の時代です(笑) でも見てると、この街の暮らしいいなって思うんです。鈴木オートにテレビが来た日、近所の住人たちが集まって力道山の試合に熱中する。そんな元気で一体となった光
2005/12/03(土) 01:02:16 | Winding Road
今日が映画の日だということに昨日気づいた。「あー、でもテストだからお昼に帰ってくるよねー・・・」と半分諦めて言うと「ええよ、適当に食べとくから」と娘がGOサインをく
2005/12/03(土) 00:02:05 | とりあえずいっとこか。
個人的評価 ★★★★ 映画館で予告を見ただけで涙腺ゆるんでしまって、とても見たかったこの作品。 郷愁溢れる作品でほのぼのと暖かくて、ちょっと切なくて。 泣けて笑えて、良い映画でした。 ただ、期待が大きすぎたのか中盤少し退屈な印象も受けました。 複数のエピソー
2005/12/02(金) 22:22:03 | 徒然映画感想
昭和33年の東京のある町の「三丁目」を舞台にした作品。”金の卵”として中学卒業と同時に青森から就職するために東京へやってきた少女、そんな少女を受け入れる将来は大きくなることを夢見ている自動車の修理工場[鈴木オート」を経営する一家、駄菓子屋の店番をしながら大
2005/12/02(金) 12:05:49 | 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
私事で恐縮ですが、ってブログはすべて私事だよねー。実はあのころ、あの場所の近くに住んでいたのです。昭和三十三年の話というから、僕は小学校の二年生。建設中の東京タワーは崩壊寸前のバベルの塔のようでした。完成した東京タワーが倒れてきたら、我が家はつぶされてし
2005/12/02(金) 11:13:30 | ショウちゃんのエーガな日常
一昨日の夜に観に行きました。2回目です。同じ映画を2回以上映画館へ観に行ったのっていつ以来だろう?日本映画では記憶にないなぁそれほどこの映画はいいです!! 面白くて 感
2005/12/02(金) 02:15:18 | 時と空間の温もり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。