読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マッハ!!!!!!!!
2003年 タイ映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 最近目にすることも増えてきたタイ映画。
 東南アジアは、アジアのなかでは映画不毛の地域だというイメージを持っていましたが、昨今のタイ映画はなかなかいいです。
 バンコクという国際的な歓楽都市で揉まれた若い才能が、続々と芽を出しつつあるのかもしれませんね。

 この作品は、とことんアクション映画です。
 強いて言えば、ブルース・リーやジャッキー・チェンと言った香港カンフーアクションの影響を受けているのかもしれませんが、純粋にアクションのみで観れば、この作品のほうが素晴らしいように思えます。

 とにかく、主人公ティンに扮したトニー・ジャーのアクションが抜群に素晴らしいです。
 もしかしてホンモノのムエタイ・ファイターかと思ってしまったくらいに素晴らしい。彼のパンチとキックの切れ味は本物です。
 トニー・ジャーのアクションを観るだけでも価値があります。いや、逆にそれ以外には価値はないかもしれません。ストーリーは陳腐だし、演技が上手いとはお世辞にも言えないし、演出もとても荒削り。
 でも、そんな欠点を吹き飛ばすほど、トニー・ジャーのアクションはド迫力でリアリティに溢れていました。

 「ムエタイの使い手」という設定も良かったのでしょう。
 昨今の総合格闘技ブームで、私たちはムエタイの凄さをいやというほど知っています。
 だから、本当に強いのか疑わしいカンフーよりも、ムエタイのほうが凄みを感じるのです。

 バンコクを知っている人なら、カオサンの多国籍的な胡散臭さにニンマリとしたのではないでしょうか。
 私は、「こんな賭けストリートファイトはなんかさすがにないだろ」と思いながらも、ニンマリしてしまいました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TBさせていただきます
私はこの映画、大好きです。結構ストーリーも悪くないと思います。B級カンフー映画を見慣れたワタクシには、一応スジが通っているというだけでも、いいストーリーに感じます。

宜しかったらそちらからもTBしてくださいませ。
2005/12/21(水) 22:47:39 | URL | チュチュ姫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/95-d66ce50c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Ong-Bakチュチュはジェット・リー嫌いなんだけどさー、なにが嫌いって、ジェット・リーはワイヤー使い過ぎ!あいつがワイヤー使うおかげで、カンフー・マスターが実際に生身でできる
2005/12/21(水) 22:48:23 | 姫のお楽しみ袋 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。