読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
亀も空を飛ぶ
2004年 イラク・イラン合作
岩波ホールにて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 あまりに衝撃的な作品でした。
 監督は、「酔っぱらった馬の時間」で「初めてのクルド語によるクルド映画」を世に送り出し、なかなか実態として知られることのないクルド人の厳しい生活ぶりを描いたバフマン・ゴバディ監督。
 今作では、「酔っぱらった馬の時間」をはるかに超えた衝撃を与えてくれました。

 まず印象的なのが、子どもたちの過酷な生き方です。
 この作品は、村の少年たちのリーダーである「サテライト」と呼ばれる少年と、難民として村にやってきた孤児である3人兄弟を中心に、子どもの目線から描かれています。
 少年サテライトに率いられる村の子どもたちは、日々地雷掘りに精を出しています。
 それも、探知機などを持っているわけではなく、地雷原のなかに生身で飛び込んでいくのです。
 過去に地雷で手足を失った少年たちも、当然のように地雷掘りの作業をしています。
 足を失った少年は松葉杖を使いながら、そして両手を失った少年は地面に這いつくばって口で信管をはずします。
 取り外された地雷は、サテライトがブローカーに持ち込み、売りさばきます。戦争が始まってからは、地雷を市場で機関銃に交換したりさえしています。
 そんな、どう考えても異常なことが、当たり前のように行われている。
 でも子どもたちは、そんな過酷な状況下にありながらも、案外と子どもらしいままなのです。
 大人たちも子どもたちも、当然の「仕事」として受け入れているのです。
 「子どもをそんな危険な目に合わせるなんてけしからん」と批判するのは簡単です。
 でも、そんな批判なんて何の意味も持たないほど、フセイン政権下のクルディスタンは過酷な状況下にあったのだと思います。

 難民として村にやってきた孤児の三人兄弟が、その過酷さを体現しています。
 イラク国軍の襲撃により父母は死亡し、お兄ちゃんは両手を失う。
 妹は、まだ小学生くらいの年齢であるにも関わらず、兵士たちに輪姦されてしまう。
 そして、目の見えない一番下の男の子は・・・。
 妹は男の子を毛嫌いし、最終的には悲劇的な結末につながるわけですが、彼女の行為を非難することは誰にもできないでしょう。
 我が身に降りかかった悲劇を受け止め昇華していくには、彼女はあまりにも幼かったのです。

 私たちは、アメリカによるイラク戦争が「正義の戦争」では決してなかったことを知っています。
 しかし、少なくともクルド人たちにとっては、「フセイン政権を打倒した」正義の戦争だったのは確かなのです。
 イラク戦争はアメリカの独善だと私は考えていますが、一面では正義であったという事実も無視してはいけないのだと戒められた思いです。

 ただ、そもそもフセイン政権があれだけの強大な権力を保持できた背景には、アメリカの謀略があったという一面もあります。
 自らが支援していたはずの「ならず者国家」を、「核兵器を保持している」というデタラメな大義名分を盾にゴリ押ししたのが、アメリカによるイラク戦争。
 クルド人たちは、進駐してきたアメリカ兵たちを手放しで歓迎しますが、本来的には彼らクルド人はアメリカの謀略に振り回されて苦しんできたとも言えるのです。

 アメリカに憧れていたはずのサテライトが、進駐してきたアメリカ兵たちに背を向けるラストシーンが、とても印象的でした。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント

はじめまして。
トラックバックありがとうございます。
(気が付くのが遅れましてすみません;;)
亀も空を飛ぶ。
普通の戦争映画に比べ子供視点なのが新鮮でした。
そして同時に衝撃も得ました。。。
最後に少女は空を飛び、小さな体と心は戦争と苦痛から開放されたのでしょうか。。。

私も映画をみたりした感想をブログに書くのですが…なかなか文字でうまく表現するのは難しいな~と感じています(--;
りょうちさんの文は丁寧で読みやすくかかれているので参考になりました。
これからも拝見させて頂きます^^
ではでは。

2005/11/29(火) 00:56:05 | URL | ひな #-[ 編集]
まりりんさんへ
コメントどうもありがとうございます。
確かに、この作品は現実を知ることの大切さを伝えてくれましたね。
「クルド人問題」という言葉を知っているだけではわからない現実を突きつけてくれました。
2005/11/27(日) 01:13:43 | URL | 管理人 #fy5SV7Bo[ 編集]
TBありがとうございました。
私もさせていただきます。

名古屋の映画館は朝一回の上映。
サービスデイと重なり立ち見状態でした。

現実を知る事の意味をひしひしと感じています。
すべての子供達に見てもらいたい映画です。
2005/11/25(金) 09:54:03 | URL | まりりん #-[ 編集]
bScさんへ
コメントどうもありがとうございます。
こういう映画を観ても、なかなか日常の生活の中では、感動や衝撃を誰かに伝えることはできないけど、ブログというツールがあればこそ、伝え合うことができるんですよね。
ブログの良さを再発見した気分です。
よろしければ、また見に来てくださいね。私もちょくちょくお邪魔します。
2005/11/25(金) 01:10:14 | URL | りょうち #9VCWE/sw[ 編集]
はじめまして
TBありがとうございました。

私も感想をいろいろ書こうと思ったのですが、
うまくコトバにできそうになかったので・・・
りょうちさんの文章を読みながら、
もう1度あの映画のことを考えていました。

この映画、いろんな視点からみることができそうです。
たくさんのひとが観て、考えて、ということになれば
いいですね・・・

またりょうちさんの「読む映画」読みに立ち寄りたいと思います。
2005/11/25(金) 00:31:16 | URL | bSc #6facQlv.[ 編集]
Kaoriさんへ
はじめまして。
コメントどうもありがとうございます。
確かに、ミニシアターで上映されているような作品のなかに、「もっとみんなに観てほしい」って感じる作品が多いですね。
こんないい作品が、他のたくさんの映画と一緒に埋没していくのか・・・と寂しくなることも多いです。
こんなブログですが、そういう「埋没してほしくない映画」を掘り起こす一助になってくれたらうれしいなと思っています。
またぜひ立ち寄ってくださいね。
2005/11/24(木) 01:14:26 | URL | りょうち #9VCWE/sw[ 編集]
はじめまして。
TBどうもありがとうございました。
この映画のように多くの人に見てほしいものに限ってミニシアターだったり日本公開されなかったりしますよね。
だから映画を見た人がこうしてブログなどに書いて伝えていくことは、とても意義のある大切なことだと思います。
りょうちさんはとてもしっかりと読み応えのある文章を書いていらっしゃって刺激を受けました。これからも寄らせていただきますね。
2005/11/24(木) 00:15:52 | URL | Kaori #w7E8CPEA[ 編集]
kazzbayさん&OZAKUさん、コメントありがとうございます
コメントどうもありがとうございました。

kazzbayさんへ
 ブログお褒めいただきありがとうございます。これからまだ充実させていきたいと思っていますので、ぜひまた「読み」に来てくださいね^^

OZAKUさんへ
 そうですね、私も一番衝撃的に思えたのは、信じられないような非日常的なことが、日常的に普通に行われているという現実です。
 私も、この映画は単館上映ではなく、もっともっとたくさんの人に観て欲しいなと思います。
 
2005/11/23(水) 23:59:03 | URL | りょうち #9VCWE/sw[ 編集]
初めまして、TBありがとうございます。この映画とても衝撃的でしたし、いい映画でした。ムリして見に行ってよかったと思ってます。
ある意味カルチャーショックというか、自分にとっては非日常的なことが普通になっているというのに驚きました。監督の「クルド人の子供には子供時代がない。」という言葉にとても胸が痛みました。もっとたくさんの人に見て欲しい映画ですね。
2005/11/23(水) 20:43:50 | URL | OZAKU #rzbm9u.Y[ 編集]
亀は飛びましたか?
TBありがとうございました。
こういう地味でもいい映画を含め、
様々な映画を
独自の視点でレビューするのは
とっても素晴らしいことですね。
いいブログです。
がんばってください。
ちょくちょく「読み」に来ますw。

ふりかえってみると
この映画は見た直後はショッキングで
興奮していたのですが
後々、じわじわといや~な気分と
のほほ~んとした気分と
ないまぜになった複雑な感情を
思い起こさせます。
言葉を超えた想いっていうのかな…。
2005/11/22(火) 21:33:12 | URL | kazzbay #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/94-0bc528de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
クルド語クルド語(Kurd?)は、イラン、イラク、シリア、トルコなどで話されている言語。言語学的にはインド・ヨーロッパ語族イラン語派に属する。表記は、ラテン文字|ラテンアルファベットに ? を加えたものを使用し、サーカムフレックス|アクサンシルコンフレクスを多用す
2007/03/26(月) 20:42:21 | アジアで使われている言語
★監督:バフマン・ゴバディ(2004年 イラン・イラク作品)京都シネマにて鑑賞。10ポイントたまったので無料で見ることができました。初めて見る中近東の映画です。でも客席が2割くらいしか埋まっていなくて寂しいというか悲しい。★あらすじ(livedoorム....
2005/12/11(日) 09:27:05 | 朱雀門の「一事が万事!オッチョンジー」
 この映画で最も印象に残ったのは、イラク戦争勃発時期にイラクの人たちが衛星放送にかじりつく場面。  外国からの戦争情報を喉から手が出るほど欲
2005/11/28(月) 06:12:51 | シネクリシェ
ずっと観たいと思っていた映画を観にいった。もう何度か観たいと思う映画だった・・・きっと、その度にちがうとらえ方ができるんじゃないかと思う。どのコの視点で考えるかで
2005/11/26(土) 23:45:31 | in the air =2=
亀と空のミスマッチのタイトル。半年前ぐらいからこの映画が気になっていました。これはイラクの映画です。でもドキュメンタリーのようであり、まぎれもない現実。どう受け止めるべきか混乱しています。地雷で両腕をなくした兄。両親を失い強姦された妹。...
2005/11/25(金) 09:27:08 | つぶやきまりりん
 岩波ホールに行くのは初めてだ。上映時間の数分前にJR水道橋駅を降り、雑踏を掻き分け進む。公称徒歩12分の道のりで息が切れる。 予告終了直後になんとか入場。暗がりで席を探す。どうやら空いているのは前方だけのようだ。 「亀も空を飛ぶ」。着席した直後、2003年、イ
2005/11/24(木) 15:25:10 | パレード
アメリカのイラク攻撃(もちろん日本政府が積極的に支援し、その後「国際貢献」「人道的支援」にも「非戦闘地域」にて絶賛活躍中!)を支持した人、とくにわれらが首相、小泉純一郎氏におかれましては是非ご覧になっていただきたい、アメリカのおかげで「解放」された....
2005/11/22(火) 21:25:46 | ところでおいらは…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。