読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティム・バートンのコープスブライド
2005年 イギリス映画
TOHOシネマズ南大沢にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 妙な顔したキャラクターのアニメだなぁという程度の認識でしたが、レビューサイトでなかなか好評だったので観てみました。

 コープスというのは「死体」ということなんですね。
 結婚間近の花婿が、死体とムリヤリ結婚させられそうになるという、かなり悪趣味な設定です。
 花嫁は目玉がポンと飛び出して中から蛆虫が出てくるし、バーのマスターは頭だけの姿だし、よくよく考えれば気持ち悪い死体のオンパレードなのです。

 でも、その気持ち悪い世界をファンタジー溢れる世界に転化して感動させてくれるのが、ティム・バートンの凄さでしょう。

 ストーリーは特別ひねったところもなく、先もある程度読めてしまいましたが、それでも十分に楽しめました。
 ほぼ同時期に上映されていた「チャーリーとチョコレート工場」よりもこちらのほうが、ずっとティム・バートンらしくて、私は好きです。 
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/93-eb3aabbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。