読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
細雪
1983年 日本映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 原作谷崎潤一郎、監督市川崑。主演の四姉妹が岸恵子、佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子という、とにかく豪華絢爛な作品です。谷崎作品を映像化するにはこのくらい豪華なキャスティングじゃないとムリってものなのでしょう。

 谷崎潤一郎一流の美しい世界が見事に描かれているとは思います。それに何より、女優たちの競演が素晴らしい。特に岸恵子の存在感は、さすがです。

 しかしド庶民の私にとっては、家業が傾いていながらプライドだけは超一流である彼女たちの生き方は鼻持ちならないとしか思えず、虚ろな人々だなと感じるばかりでした。穿った見方かもしれませんが。

 谷崎潤一郎の小説を読み終えたことがなく、挑戦してもいつも途中でバカバカしく思えて投げ出してばかりいた私には向いていない作品だったのかもしれなませんね。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/90-487cc3ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。