読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイミングプール
2003年 フランス・イギリス合作
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「まぼろし」「八人の女たち」のフランソワ・オゾン監督作品です。

 才気溢れる若き映画作家であるオゾン監督らしく、甘美で官能的な世界が描かれています。

 シャーロット・ランプリングとリュディヴィーヌ・サニエという、オゾン映画ではお馴染みの二人が披露している肉体の美しさが、この作品の魅力の一つです。
 特に、60歳近いはずのシャーロット・ランプリングの引き締まった肉体の美しさは驚異的。しつこいくらいに披露されるサニエの肉体も、あの唐突に突きつけられた裸体の前に霞んでしまいました。

 この作品は、「ラストシーンの驚くべきどんでん返し」というのが触れ込みの、ミステリー要素の強い作品だったらしいですね。
 事前にそれを知っていれば、「ラストシーンでどうひっくり返るんだろう」と期待しながら、謎解きに熱中したでしょう。
 しかし、今回まったくそんなこと知りもしなかったので、ラストで唐突に意味不明なシーンが現れて、ただただポカ~ンとするばかりでした。

 あとで調べたところによれば、ラストの解釈は観客に委ねられているとのこと。
 「要するに全部サラ(ランプリング)の虚構の世界なんだ」という見方もあるようですが、私にはとてもそうは思えない。
 私には私なりの解釈がありますが、ちょっと単純すぎるので披露するのはやめておきます。

 この謎めいたラストシーンがあるおかげで、すっかりラストシーンの解釈ばかりが云々されてしまっていますが、この作品の魅力はラストシーンなどではないと思います。

 老境に差し掛かりつつある、ギスギスしたイギリス女そのもののランプリングと、やたらめったら肉欲の世界にのめりこんでいるサニエとが次第に接近していくさまが、とてもイイのです。特にランプリングの表情の移り変わりが、とても素晴らしいのです。

 この二人の女優の存在そのものが最大の魅力だと思います。他の作品でも明らかなように、オゾンの作品は女優たちの演技そのものが大きな魅力なのですから。
 むしろラストシーンは余計だったかもしれません。  
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/87-25371b6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。