読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トスカーナの休日
2003年 アメリカ映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 私自身が先日イタリアのトスカーナ地方を訪れたために、何となく気になっていた映画です。

 あまり評価の高い作品ではないようですが、イタリアを「ちょっと覗いてきた程度に」知っている私には、なかなか楽しめました。

 当然ですが、この作品にはアメリカ人のイタリア観が大いに反映されています。いや、むしろイタリアへの憧れが大いに反映されていると言ったほうがいいかもしれない。

 主人公の女性は、「作家兼批評家」という特殊な立場の人ですが、仕事を離れれば現代アメリカ人女性の一典型と言っていいでしょう。
 社会的に自立した強い女性である反面、夫の浮気で離婚、家族はおらず孤独感にさいなまれているのです。

 対するイタリアは、何よりも家族を大事にし、人と人との繋がりが緊密な社会。主人公の女性がそのイタリアの社会に入っていくなかで立ち直っていく姿は、きっと大いにアメリカの女性たちの共感を呼んだのでしょうね。

 ただ残念なのは、主人公の女性のイタリアとの繋がりが、「男との繋がり」を中心に描かれてしまったこと。それも、結局はアメリカから来た若い作家と落ち着くという、何だか腑に落ちない結末なのです。

 若くない女性を主人公にしているのだから、恋愛ばっかり描かないで、恋愛感情の無い関係を中心に描いていけばよかったのに、と思います。

 例えばポーランド移民の青年・パベルや文学者たちのエピソードはなかなか興味深かったのに、あくまでお飾り程度にしか描かれなかったのはとても残念です。

 結婚に絶望して、異国で再出発を期した女性の物語なのだから、もっと深く人生を見つめるような視点で描いてほしかったのです。

 それと、トスカーナの風景の美しさがあまり描ききれていないですね。「なぜトスカーナが楽園なのか」という大事なポイントが、説得力を持って描かれていません。

 それなのに何だか妙に気に入ってしまったのだから不思議なものです。きっとこの作品全体に流れるイタリアへの憧れが、きっと私自身にもあるからなのでしょう。

 作品中、主人公は「イタリア人は楽しむということを知っている」と言っているが、まさにその通り。そのライフスタイルに、日本人である私も憧れてしまうのです。
 というわけで、内容は薄っぺらいとは思うものの、楽しめる一作ではありました。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/86-1d333ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
まとまりがよくスッキリしていて雑味がなく、しっかりと芯のある味でとても美味しいです。口当たりが良く適度な甘みとコクがあり、すっと入っていく感じでとても飲みやすく、非常に美味しい逸品だと思います。常温で飲むことをお勧めいたします。★無料ポイント⇒http:/plaz
2007/08/22(水) 04:45:29 | イタリアがたくさん
■商品説明について下記の商品コメントは、【2003年】ヴィンテージのものです。お間違いのないよう、お願いします。 【累計販売状況】4530本(2007.07.08)※過去のヴィンテージ商品も含めた販売本数です ・frenchk様のレヴュー・【オススメ度】★★★★★ 果
2007/08/21(火) 20:11:24 | イタリアの1日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。