読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アトミック・カフェ
1982年 アメリカ映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ヒロシマ・ナガサキからソビエトとの核開発競争まで、核兵器に狂奔したアメリカ社会を軽いタッチで描いた作品。
 徹頭徹尾アメリカ社会をチャカしたその描き方は、痛快ではあるものの、原爆を落とされた側の日本人としては少々不愉快。
 明らかに反核の立場の作品ではあるのだが、言ってみれば「殺した側」が軽いノリで描いた作品なので、「殺された側」としてはたまらない。

 しかし、実録映像をつなぎあわせたこの作品、とにかくショッキングな映像の連続だった。
 原爆を落とした爆撃機のパイロットは、「原爆の投下は最高に興奮した」と無神経にのたまう。
 被爆した広島を調査に訪れた兵士は、「まるでダブルヘッダー後の球場みたいだった」と笑えないジョーク。
 ビキニ環礁での核実験で、住民たちを避難させたものの、「風向きが想定外になった」せいで避難させなかった住民たちが被爆。
 ネバダ砂漠での核実験では、巨大なキノコ雲に向かって通常服の自国の兵士を進軍させる。
 挙句の果てには、「放射能で被害を受けた者は、人類に貢献した無名戦士なのだ」などと、とんでもない発言も。お前が最初に貢献しろ。
 それに何より、広島・長崎の原爆、ビキニ環礁の核実験、ネバダ砂漠での核実験といった、現実の核兵器の爆発映像を立て続けに見せられると、恐ろしくて仕方がない。

 自由の国なはずのアメリカ。しかし実態は、自国民をここまで欺き、無知蒙昧な状態にしてコントロールしていたわけだ。
 おかげでアメリカ人は、いまだヒロシマ・ナガサキの悲惨さを知らず、イラクでの劣化ウラン弾使用の非人道性も知らない。
 「大量破壊兵器をフセインが隠し持っているかもしれない」という大義名分など、大量破壊兵器を世界で一番持っているアメリカが主張できるわけもないことも気づかない。
 自国外のことについては、今も昔も無知蒙昧。アメリカ社会は、何も変わっちゃいない。

 そんなことに気づかせてくれる映画がアメリカから生まれたということは、評価してもいいのかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/75-d9163bd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。