読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラスト サムライ
2003年 アメリカ映画
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 渡辺謙がアカデミー賞にノミネートされたことで有名な作品。確かに、渡辺謙の存在感は圧倒的で、主役のトム・クルーズをすっかり食ってしまっていた。

 明治初期の内戦ということだから、この作品が西南戦争をモデルにしているということはすぐにわかる。渡辺謙扮する「勝元」は西郷どん、天皇腹心の「大村」は岩倉具視といったところだろう。

 あくまでモデルにしているだけなのだが、時代背景からはもう西南戦争しかありえないので、どうしても史実との食い違いが目に付いてしまった。
 晩年の西郷どんがあんな軽快に動けたはずもないし、西郷どんが雪国に住んでいたはずもない。明治期に「忍者」が暗躍していたともとても思えない。

 設定が中途半端に史実ベースなだけに違和感があった。むしろ西南戦争を下敷きにしないで、まるっきりの創作であれば、そういうものだと思って観ていられたのだろうけど。

 ハリウッド製のサムライ映画は、荒唐無稽で観るに耐えないものばかりということを考えると、この作品はまだマシだとは言える。
 しかしそれでも、やはりしょせんハリウッド映画。「武士道」をあまりに美化しすぎ。
 それに、トム・クルーズ扮するネイサンの過去の武功であるネイティブ・アメリカンとの戦いがチョコチョコと挿入されるが、これがどうにも中途半端。どうせなら、もっときちんとネイティブ・アメリカンのことを描き込んでしまえばよかったのに。ハリウッド作品の限界といったところだろう。

 渡辺謙や真田広之の熱演がなければ、イタい作品に過ぎなかったかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/71-51df3e63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。