読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9000マイルの約束
2001年 ドイツ映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 第二次世界大戦後、ソビエトで抑留されたドイツ兵の物語。
 タイトルからある程度想像つくが、強制収容所に収容されたドイツ兵が脱走し、9000マイル(1万4000km以上!)も歩き通して、故郷へ帰るというとんでもない話。
 実際は途中イランへ渡り、空路ドイツへ帰ったようだが、とにかくシベリアを一人で歩き通したのは間違いない。

 改めて地球儀でシベリアを眺めてみたが、やはり途方も無く大きい。まず普通なら逃げることも考えないだろう。
 なにせ彼が収容されていたのは、シベリアの最東部、ベーリング海峡に近いデジネフ岬。とてつもなく広大なシベリアを延々と、それも凍て付く大平原をさまよい歩いてきたというのだから、ありえない。
 と言いたいところだが、実話らしい。

 ロードムービーとしても十分おもしろい。
 「ほんとかよ」と言いたいくらい、危機に陥ったときには現地の親切な人々に救われる。現地の人々との交流がまた、涙を誘う。

 「収容所から逃げてきた薄汚れたドイツ兵」というのは、現地の人々にとっては薄気味悪い人間のはず。本来ならまず関わりたくないだろう。

 それでも助けてくれたのは、彼らシベリアに住む人々、なかでも非ロシア人の人々は、ソビエトによる高圧的な支配に対する反感が根強くあるからなのだろう。
 ヤクーツクに住むモンゴル族(ヤクート人?)の人々の献身ぶりや、ポーランド系ユダヤ人(本来ドイツ人を殺したいほど憎んでいるはず)の複雑な心境が、とっても印象的だった。

 当時、スターリン政権下のソビエトがとんでもない国だったことがこの作品からも伺える。対戦直後にフランスからソビエトに移住した家族を描いた「イースト/ウェスト 遥かなる祖国」でも描かれていたが、こんなとんでもない圧制が公然と行われていたのが恐ろしい。

 一方で、彼らドイツ兵たちと同じ運命にあった、日本の「シベリア抑留兵」たちの苦しみにも思いをはせざるをえない。
 日本兵よりはるかに寒さに強いはずのドイツ兵でさえ、バタバタと凍死してゆく地獄の寒さ。劣悪な環境のなか、どれだけ深い絶望にあったことか。

 ともあれ、この映画の原作とやらをぜひ読んでみたい(邦訳されてるのかな)。また、日本のシベリア抑留兵の手記なども、読んでみたくなった。

 この手の辛い歴史は、あまり考えずに生きているほうが楽。
 それでもやはり、忘れるべきではないと思う。
 中国人に指摘されるまでもなく、日本人は歴史を忘れすぎる、と私も思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/69-2fd23942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
~もう一度,家族に会いたい~ シベリアから祖国ドイツまでの遥か9000マイルを,3年の歳月をかけて歩き続けた男の真実の物語. 第二次世界大戦中に捕虜となったドイツ人中尉が彼は戦争が終わったあと、戦争犯罪人として他の3000人の捕虜とともにシベリアへと送られる.そこ.
2005/06/03(金) 01:06:10 | Trace Am's Life to Success
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。