読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フリーダ
2002年 アメリカ映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 メキシコの女性画家、フリーダ・カーロの生涯を描いた作品。
 私は過去に二度メキシコを旅行したことがあり、フリーダ・カーロの名前をたまたま知っていた。彼女がとても正視できないような痛々しい作品を創り続けていたことも知っていた。でも、正直彼女の描く絵は好きではなかった。
 それでも、この作品で描かれているフリーダの衝撃的な生涯には驚かされた。

 そもそも、フリーダがかのディエゴ・リベラ(メキシコで最も有名な画家)と結婚生活を営んでいたことも知らなかった。
 ましてや、ディエゴやフリーダがかのトロツキーを匿っていたことも知らなかったし、それどころかフリーダがトロツキーと浮気をしてしまった(これは本当かどうか怪しいと思うけど)ことなど、知るはずもなかった。

 登場人物がみな英語で会話しているというのは、メキシコを旅行したことがある人なら猛烈な違和感を感ぜずにはいられないだろう。なにせイエスやノーも通用しないような国なのだから。
 そんな根本的な欠点がありながらも、この作品は、当時のメキシコの世情を感じられる作品になっている。

 それにしても、ディエゴ・リベラの怪人物ぶりには驚かされた。彼の描く作品から、大らかでエネルギッシュな人物なのだろうとは想像していたが、大らかぶりもエネルギッシュぶりも人並み外れている。
 コミュニストでありながら政府庁舎の壁画なんていう仕事を引き受け、当然「同志」たちからは非難されてしまう。挙句の果てには資本家の巣窟と言ってもいいアメリカに渡り、かの億万長者ロックフェラーの仕事まで引き受けてしまう。
 そのくせ、ロックフェラーに依頼された壁画にレーニンの肖像描きこみ、ロックフェラーに「書き直せ」と強要されても頑として受け付けない。
 そして、醜さを「美しい」と感じ、本気で愛そうとするような男でありながら、どうしようもない浮気者でもある。絵画のモデルたちのみならず、フリーダの妹にまで手を出してしまうという節操の無さだから呆れる。

 まさに怪人物といっていい人物だが、結局そのディエゴも、フリーダの絵画の力と人間的な力には心底敬意を感じ、本気で愛し続けていたというのが面白かった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/62-1320a9de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。