読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー
2002年 アメリカ映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 黒人俳優の大御所といった風格の出てきたデンゼル・ワシントンの初監督作品。彼の出演している作品を観ていれば、彼が知性と良心を兼ね備えている人だということは容易に想像つくが、この作品はその知性と良心が溢れ出るような作品だった。こういう良心的なアメリカ映画を観るとうれしくなる。

 簡単に言えば、幼い頃からの心の傷のために暴力沙汰を起こしてばかりいる短気な青年の再生物語。母親が刑務所で服役中に父親は殺され、母は刑務所で産まれた自分を見捨て、里親の下では死ぬほど殴られ、性的虐待をも受ける。久しぶりに会った唯一の友人はスーパーで強盗をしようとして目の前で殺される・・・。とにかくこれ以上考えられないような過酷な環境のなかで育った青年アントワンは、水兵となってからも、侮辱に対して怒りの衝動を抑えられないでいた。この話が、「アントワン・フィッシャー」という実在する人物の物語だということが最後に明かされたときは、さすがに驚いた。

 海軍の診療所で彼を担当する精神科医ダベンポートを演じたのが、監督デンゼル・ワシントン。やはりこの人の演技力には改めて脱帽するしかないが、この精神科医の描き方もおもしろかった。
 アントワンにとって、ダベンポートは唯一頼れる父親のような存在になっていく。観客にとって、ダベンポートは迷える子羊を導く神のような存在だ。しかし、ダベンポートはアントワンに対して必ずしも献身的ではなく、ビジネスライクに冷たくあしらうことすらある。
 ダベンポートも神ではなく、妻との間に人に言えない悩みを抱える一人の人間なのだ。そのように描かれることで、この作品はただのお涙頂戴モノとは一線を画している。

 この作品を観ている間、ずっと頭にあったのは、「犯罪者の更正」の問題。最近の日本では、許しがたい凶悪で卑劣な犯罪がやたらと増えてきているので、どうしても犯罪者への憎しみや蔑みを抑えられず、やはり悪いやつは悪いんだと考えてしまう。
 アントワンは犯罪者だとは言えないが、ダベンポートとの出会いがなければいずれ何らかの犯罪を犯したかもしれない。人に愛されず、必要とされているという実感もなく生きてきた人間が、人に愛され必要とされることで、生まれ変わっていくことができる。
 この作品はその当たり前だとすら思っていたことを、説得力を持って描いてくれた。

 玉石混交の、多くの作品に出演しているデンゼルだが、彼の根っこには、やはり黒人差別への問題意識が深く根ざしていることも感じられた。
 「遠い夜明け」や「マルコムX」で黒人差別と戦う活動家を演じたデンゼル。アパルトヘイト時代の南アフリカや、公民権運動以前のアメリカだけではなく、現代のアメリカでも根強く黒人差別があるのだという問題意識が彼にはあるのだろう。

 現代のアメリカにおいて、黒人以上に差別の対象となりえるアジア人である私にとっては、現代の黒人差別というのは肌で感じにくいというのが正直なところ。しかしデンゼルのいるポジション、つまり黒人差別を正面切って描ける黒人というポジションは貴重だろう。これだけの大役者になりながらもアンクル・トムにはならない彼には頭が下がる。

 話の展開に盛り上がりが欠ける点があるのも確か。しかし、これだけ緻密に、アントワンという一個の人間の心を描ききったデンゼルには拍手を送りたい。これからは監督・デンゼルにも期待していいのかな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
グロリアさん、コメントどうもありがとうございます。
この作品、あまりメジャーじゃないから、コメントもらえたのはうれしいです。
レビューがシンクロしてますか。きっとお互いWOWOW観てるからなんでしょうけど、その中でも選ぶ映画が比較的近いのかもしれないですね。
グロリアさんのブログの充実ぶりには脱帽です。僕もちょこちょこ拝見させてもらいますね。
2005/03/02(水) 19:20:20 | URL | りょうち #-[ 編集]
りょうちさん、こんにちは。
この映画、わたしもこの間たまたま観たんですが、思わず泣きました。
デンゼルは「彼についていけば安心」と思わせる存在感がありますよね。
りょうちさんのラインナップ、わたしとシンクロしてる作品が多いみたいですね、またうかがいますね!
2005/03/01(火) 21:46:41 | URL | グロリア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/59-1553fe0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。