読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョゼと虎と魚たち
2003年 日本映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 妻夫木聡と池脇千鶴の、ちょっと変わった恋愛映画。坂道を転がり落ちてきた乳母車を覗き込むと、中からは・・・という予告編がとても印象的だった。

 健康な青年と障害のある女の子との恋、という設定は、ふと熊井啓の「愛する」を思い浮かべた。話の展開も多少似通ったところがある気がする。
 「愛する」が90年代に作られた割には時代錯誤な古臭さを感じさせたのに対して、この作品は多少はマシだったとは思う。
 しかし、遠藤周作、田辺聖子といった小説家が一昔前に書いた小説を無理やり現代にあてはめて描いた、という点は一緒。ウソくささがどうしても拭えなかった。

 この作品は、青年役の心の機微がとても大事なんじゃないかと思うのだが、妻夫木の演技からはあまりいろいろ感じるところがなかった。彼の爽やかな笑顔は、こういう役柄だとただウソ臭いだけにしか感じられない。

 健常者と身障者の恋という、いわば重いテーマを扱っているにも関わらず、描き方があまりに軽い。心の動きをサッとなぞっただけのような描き方で、どれだけ葛藤してどれだけ悩んでああいう結末になったのかがまるで見えてこない。
 池脇千鶴のヌードも、ファンにはうれしいのかもしれないけど、安易な演出だとしか思えなかった。どうせやるなら障害者特有の性の問題を、つっこんで描かなくてはならないんじゃないか。

 もしかしたら、「健常者と身障者の恋」を経験、あるいはそれに近い感情を経験した人には、私が必要とするような演出は必要なく、この作品の自然体な描き方がグッとくるのかもしれないが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/56-b504b520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
原題: ジョゼと虎と魚たち監督: 犬童一心製作: 小川真司製作総指揮: 久...
2005/02/25(金) 13:02:34 | Groovy Groovers
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。