読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スウィングガールズ
2004年 日本映画
TOHOシネマズ南大沢にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「ウォーターボーイズ」でヒットを飛ばした矢口史靖の作品。「ウォーターボーイズ」でシンクロナイズドスイミングに挑戦する男子高校生を描いたのに対し、この作品ではスウィング・ジャズに挑戦する女子高校生。露骨に二番煎じやんけ。

 二番煎じでも面白いからいい。女子高校生の演奏するジャズに庄内弁。あざといと言えばあざとい設定なのだろうが、それでもやっぱり面白いからいい。
 矢口史靖の作品はこの二作以外にも、「ひみつの花園」「アドレナリンドライブ」を観たがみんな面白いと感じた。どうも相性がいいようだ。

 この作品の演奏は、みな実際に出演者たちが本当に演奏したものだという。これは驚くべきことだろう。ジャズの演奏は一朝一夕にできるものじゃない。相当な努力を重ねてきたのだ。
 演技に関しては、正直どうしようもなくヘタクソだった。でも演奏が良かったから、許してしまえる。

 メガネの少女・関口役の本仮屋ユイカはなかなかの存在感。これからの活躍を期待したい。



 

 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/54-8fb51529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。