読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しあわせな孤独
2002年 デンマーク映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 あまりお目にかかることのないデンマーク映画。物珍しさから観たようなものだが、人間の心理描写の深さが印象的な作品だった。

 結婚間近の幸せな若いカップル(ヨアヒム&セシリー)と、3人の子供を抱えた医師夫婦(ニルス&マリー)。マリーがヨアヒムを車で轢いてしまったことがきっかけで、ニルスとセシリーが恋に落ちてしまう。

 加害者の夫であるニルスと、被害者の恋人であるセシリーが不倫をするわけだから、客観的に見れば到底許されるものではない。二人の行動は身勝手とそしられても仕方ない。

 それでも、私は二人の行動を非難することができない。
 妻子を抱えながら、言ってみればセシリーの魅力に参ってしまったニルスの行動は、あまり感心することはできないのは確か。しかし、あんな魅力的な女性が悲しみに暮れ、慰めを求めていれば、放っておけないというのはわかる。男の身勝手かもしれないが・・・。
 一方のセシリーも、言ってみれば泥棒ネコなわけだが、ヨアヒムを愛していながらもヨアヒムに拒絶されつづけている彼女の悲しみを思えば、非難することは到底できない。

 不倫はダメ、と片付けるのは簡単だが、ここまで各人の心理描写を丹念に、説得力をもってやられてしまうと、すべてが必然で、運命だったのだと思えてしまう。

 突然の事故で首から下の自由を失ったヨアヒム。ヨアヒムに拒絶され続けるセシリー。家庭を大事に思いながらもセシリーへの想いをどうすることもできないニルス。ヨアヒムを轢いたという罪の意識に苛まれ、一方でセシリーに夫を奪われてしまったマリー。そして、自分のせいで事故を起こしたと罪の意識に苛まれながら、父親の不倫を知ってしまった、ニルスの娘。
 それぞれの苦しみ、悲しみ、葛藤、戸惑いといったものが、極めて丹念に、そして優しい視点で描かれていた。

 デンマーク映画を観たのは多分初めてだが、風景描写の美しさといい、心理描写の緻密さといい、かなり質が高いと感じた。近隣のオランダやドイツの作品に通じるものがあるかもしれない。

 特にセシリーの描写は素晴らしかったと思う。あんなに優しくて寛大で美しくて知性的で、しかも奥ゆかしい女性に求められれば誰だって・・・。

 そうそう、この映画を観て、2002年サッカーワールドカップの際のデンマーク代表チームの評判の良さを思い出していた。
 詳しくは、
http://www.y-ohkawa.jp/essay/H14.8.12sakka.htm
 を見てもらえればわかるが、キャンプ地和歌山でのデンマーク代表選手たちの評判は最高だった。
 特にトマソン。ワールドクラスの素晴らしい選手である上に、人間的にこれだけ魅力的で素晴らしい人はそうそういない。

 この作品に出てくる人たちも、みんな思慮深く暖かい。デンマークというのはそんなに成熟した素晴らしい国民性の国なのかと興味を持った。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/45-f13ad776
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。