読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KAMIKAZE TAXI
1994年 日本映画
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「金融腐食列島」(99年)や「突入せよ!「あさま山荘」事件」(02年)を撮った原田眞人の作品。この2作は観たことがないが、97年の作品「バウンスKo-Gals」を観て原田監督の独特なセンスの持ち主だと思って注目していた。

 観たことがないのに言うのも何だが、上記2作のようなバリバリの社会派作品よりも、「バウンス~」やこの作品のような、社会的なテーマを織り交ぜながら軽妙なタッチで描いている作品のほうが、原田監督らしいセンスが表に出るのではないだろうか。

 この作品は、単純に言えば「恋人や親友を殺した組長らに敵討ちをしようとするチンピラが、日系ペルー人のタクシードライバーと出会い、追手をかわしながら敵討ちを遂げる」というプロット。
 単純明快なプロットなのだが、これに外国人労働者問題、自己啓発セミナーの問題なんてのが絡み合う。
 個人的に、社会的なテーマが絡んでいる話は好きなのだが、自己啓発セミナーのくだりは要らなかったんじゃないかと思う。物語中盤の、自己啓発セミナーの部分はちょっとダレていた。
 終盤、役所広司がヒットマンと化し、俄然緊迫してから以降は、とっても面白かっただけに、残念。

 この役所広司のキャラクターがとってもユニークでおもしろい。地道に生真面目に生きる日系の出稼ぎ労働者なのだが、やたら肝が据わっている。そのわけは、母国ペルーでゲリラのセンデロ・ルミノソに家族を殺されて、その敵を討つために武力闘争をした時代があったため。
 だから、ヒットマンとしてヤクザや政治家のSPとサシで渡り合うというのも、納得できるようになっている。

 役者がまた魅力的。役所広司はもちろん、高橋和也、ミッキー・カーティスがとってもいい味出してる。
 そして、橋口亮輔の「ハッシュ!」で好演しブルーリボン賞の主演女優賞をとるなど、大女優として認識されるようになった片岡礼子がいい。
 それほど美人ではないし、すごく抑えた演技なのに、とても存在感があって、魅力的。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/35-df14bb2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。