読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白い風船
1995年 イラン映画
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 お店に置かれているキレイな金魚が欲しくて欲しくて仕方がない少女の話。金魚を買いに行く道中、お母さんから貰ったお金を落としてしまう・・・。脚本はキアロスタミ。

 イラン版「はじめてのおつかい」といった話で、他愛がないといえば他愛のない話。淡々と話が進むので、退屈と感じる人も多いかもしれない。
 かく言う私も、実は以前に観たことがあったにも関わらず、初見だとばかり思っていて、途中まで気づかなかった。少なくとも、以前観た頃(大学生の頃だったか)にはほとんど印象に残らなかったということだろう。

 でもなかなか味のあるいい作品だと思う。この作品に出てくるオトナたちは、(父親を除き)決して悪い人たちではないのだが、小さな少女からすれば、みんな怖い人に見えてしまう。オトナの理屈とは違う世界に住んでいる少女の目から見ると、何だか冷たい人たちばかりに思えてしまう。

 この作品の舞台は首都のテヘランなのだろう。都会であるが故の冷たさ、無関心ぶりが描かれている。
 それがよく現れているのが、地方出身の若い兵士とのやりとり。兵士は田舎の妹によく似た少女につい話しかけただけなんだろうが、少女やお兄ちゃんにとっては、警戒すべき他人。自分のお金を盗ろうとするかもしれない人なのだ。二人は最後まで兵士に心を許すことができない。
 側溝に落としたお金を、最後は結局拾うことができたのだが、拾うことに協力してくれた少年やおじさんに対し、二人はお礼も何も言わないまま、さっさと去って金魚を買いに行ってしまう。何となく後味が悪いのだ。

 イランではそういう人間関係が当たり前、ってことではないと思う。二人に協力してくれた少年が、寂しそうに一人残されている姿を最後に撮っていることからして、やはり都会の希薄な人間関係を描いているのだと思った。この少年が、イランでは少数民族だろう東洋的な顔立ちをしていたのも示唆的だ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/34-12214540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。