読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たそがれ清兵衛
2002年 日本映画
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 山田洋次が初めて挑んだ時代劇。初の時代劇ながら、山田洋次らしい作品になっていると思う。
 この作品を観る前に、藤沢周平の同名原作を読んでいただけに、藤沢作品の清廉さにはやはり及ばないかな、なんて思う。いや、清廉な世界を表現していたとは思うのだが、藤沢作品の世界の美しさは、映像では表現しきれないものなのかもしれない。

 庄内(山形)の小藩・海坂藩の平侍、井口清兵衛は、妻を亡くしたために、二人の娘と耄碌した母の世話に追われる毎日。勤務後のたそがれ時に、同僚の誘いも聞かずにまっすぐに帰宅する姿を揶揄され「たそがれ清兵衛」と呼ばれている。

 幕末の混沌期、京や江戸とは遠く離れた小藩で、時代の変革期であることは感じていながら、平穏な生活を粛々と営んでいる清廉な武士の姿を描いているのだ。

 違和感を感じずにはいられなかったのは、清兵衛の恋物語が妙に強調されている点。原作では、清兵衛はもっと清廉な人物だったはず。いい年して恋に迷う姿を見せられると、清兵衛の魅力も半減。
 それが山田洋次らしいところなのかもしれないが。

 実はこの作品、エンドロールでわかったのだが、「たそがれ清兵衛」「竹光始末」「祝い人助八」という3つの短編をごった煮にしたもの。それがわかれば合点がいく。この作品での清兵衛は、むしろ「祝い人助八」の助八に近い人物像なのだ。

 原作による先入観抜きにこの作品を観ていれば、すっきりとこの作品の世界に浸ることができ、また、清兵衛の人物像にも好意をもてたかもしれない。真田広之の演技の素晴しさにも素直に感動できたかもしれない。
 ああ、原作読まずに見ればよかった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/30-134b3826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。