読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハウルの動く城
2002年 日本映画
TOHOシネマズ南大沢にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~
 説明するまでもないが、宮崎駿の新作。
 もはや「宮崎駿」「ジブリ」というだけでヒットは保証されてしまうわけだが、翻ってこの作品を観た人の評価は概して低い。
 宮崎映画の観客は、それこそ老若男女、あらゆる層のあらゆる価値観の人が観るわけで、この作品に低評価を与えている人がそのすべての層の意見を代表してるわけではない。オトナには物足りなくても、子供が楽しめればそれでいいじゃないか、とも思う。
 また、宮崎作品には一種コアなファン層があり、必ずしも映画ファンと言えない人が宮崎ファンだったりもするので、そのコアな宮崎ファンたちのマニアックな批判ばかりが目に付いている気もした。とにかく、面白くても面白くなくても、自分で観てみなくては。

 さて、感想。
 評価が低いのも納得、というところ。
 映像自体は相変わらず魅力的で、キャラも面白く楽しめたのだが、あまりにも話が説明不足に過ぎる。少なくとも子供たちがきちんと理解できる話ではない。
 突っ込みどころはいくらでもあるが、なかでもちょっとガマンできないのは、心情描写が弱すぎること。
 なぜハウルとソフィーは恋に落ちるのか。なぜハウルは悪魔に魂を売ったのか。なぜハウルは戦争の妨害をしているのか(そもそもここでの戦争とは何なのか)・・・。

 もちろん観客の側でいくらでも解釈はできるのだが、ここまで描写を省かれてしまうと、さすがに怠慢だとしか思えない。登場人物の心情描写が甘いものだから、彼らの行動の必然性・切迫性を感じることができず、ご都合主義的なストーリー展開に思えてくる。

 これがジブリの作品でなければ、「ストーリー展開は稚拙だが、映像には惹きつけられるものがある」といった肯定的な評価もできるだろう。しかし、もはやジブリの作品は、映像は素晴しくて当たり前。素晴しい映像をベースに描かれるワクワクするストーリーを観客は求めているのだ。

 常に高いレベルの仕事を求められるジブリは大変だなあとは思う。この程度の作品だと、「こりゃやっつけ仕事だわ」、という評価になってしまうのだから。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/26-0ec7df2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。