読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阿弥陀堂だより
 「雨上がる」で黒澤明の遺稿となったシナリオを映画化した小泉堯史監督の作品。
 奥信濃に移り住んだ夫婦と、村の人々の生活を描いている。

 舞台も地味ならキャスティングも地味(寺尾聰と樋口可南子という夫婦が主人公)。その上タイトルも地味という、どう考えても若者受けしない作品であり、実際私が観た上映館でも、9割以上は中年・老年層であった。

 そんな若者への媚びへつらいを拒絶したかのような作品なだけに、興行的には低調のようで、実際私が観たスクリーンも、50席足らずの極小スクリーンだった。
 しかし、このまま野に埋まってしまうのはもったいない、とてもいい作品だった。

 「農村を美化しすぎている」という批判がある。確かに出てくる人みな善人ばかりで、浮世離れしているかもしれない。
 しかし、それでいい、と思う。理想社会なのかもしれないが、こんな社会もあるよ、こんな生き方もあるよ、と提示してくれただけでもうれしい。社会の暗い面、いやらしい面を描く作品が多いなか、その対極にあるような善意溢れる作品があったっていい。<

 そして、この作品には何よりの「宝」がある。「阿弥陀堂」に住むおうめ婆さんを演じた北林谷栄さんの演技が、神がかっていると表現したくなるくらい、素晴しい。91歳のおばあさんが、どうしてこうも躍動感溢れ、ユーモラスなのに情に厚いという役をこなせてしまうのか。

 このおうめ婆さんの言葉である「阿弥陀堂だより」がまた素晴しい。
 例えば、こんな調子。

     目先のことにとらわれるなと世間では言われて

    いますが、春になればナス、インゲン、キュウリな

    ど、次から次へと苗を植え、水をやり、そういうふう

    に目先のことばかり考えていたら知らぬ間に96歳

    になりました。



 そんな美しい言葉を紡ぐおうめ婆さんを見るだけで、この作品を観る価値はある。それくらい素晴しい演技なのだ。

 小手先の目新しさではなく、正統的なつくり方で良質の作品を作ることができる、こういう監督が映画を作り続けられる限り、日本映画も捨てたもんじゃない、と思う。
2002年 日本映画
新宿文化シネマ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/17-b40c5f45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。