読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奇跡の人
奇跡の人 奇跡の人
アン・バンクロフト、パティ・デューク 他 (2005/12/09)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


1962年 アメリカ映画
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 誰もが一度は目にしたことのある、ヘレン・ケラーとサリヴァン先生のお話。私も、小学校とか中学校とかで何度もこの話を聞かされた覚えがあります。

 「奇跡の人」というタイトルは、目・耳・声の三重苦を克服したヘレン・ケラーを指すのではなく、その三重苦を克服させるという奇跡を起こしたサリヴァン先生を指すようです。

 確かに、サリヴァン先生の献身的で辛抱強い指導は感動的で、奇跡的です。本当に素晴らしい話だと思います。

 でも一方で、こういった誰もが知っている「偉人伝」なのだから、通り一遍の演出ではちょっと物足りないのも事実。

 ヘレン・ケラーという人物は、ただの「3重苦を克服した人」ではありません。3重苦を背負いながら、かなり先進的な政治活動を行った人です。

 男女同権、人種差別反対、死刑制度反対といった、20世紀初頭のアメリカとしては「過激」と言ってもいい思想の持ち主だったのです。
 そして、ただ思想として持っていただけではなく、あくまで行動する人だった。

 暗闇の世界で生きていながら、当時としては最先端の過激な思想の持ち主だったヘレン・ケラー。
 アラバマというディープ・サウスの、それも大地主の娘という環境に生まれ育っていることを考えると、自らの環境をすべて否定するかのような思想だったと言ってもいいでしょう。
 その彼女を、生涯に渡って支え続けたのがサリヴァン先生なのです。彼女にずっと寄り添っていたサリヴァン先生が、彼女の思想形成に果たした役割は甚大なはず。
 どうせ描くなら、そこまで描ききってほしいと思ってしまいました。

 ただ、1962年という公開年を考慮すると、そこまで求めるのは酷かもしれない。
 第一、この映画は元々舞台作品で、監督・キャスト・スタッフをほとんど変えないで映画化したものだとのこと。
 「ヘレン・ケラーとサリヴァン先生の奇跡のお話」として完結してしまうのも無理は無いですね。もちろん、それだけでも十分に価値はありますし。

 でも、例えばラストの井戸のシーン、ヘレンが「ウォーアー」って発声するシーンなんかも、実は脚色らしい。あまり忠実に史実に基づかない、脚色過多の作品であることは疑いようがないでしょう。

 美化されていないヘレン・ケラーの、あるいはサリヴァン先生の映画を観てみたい。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/120-f2b6306a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。