読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラディ・サンデー
ブラディ・サンデー スペシャル・エディション ブラディ・サンデー スペシャル・エディション
ジェームズ・ネスビット (2005/10/21)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


2002年 イギリス・アイルランド合作
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ブラディ・サンデー、つまり「血の日曜日」を描いたドキュメンタリータッチの作品です。
 「血の日曜日」というと、ロシア革命以前のロシア・サンクトペテルブルクで起こった事件を思い起こしますが、この映画の舞台はその「血の日曜日」ではありません。
 1972年1月、北アイルランドのデリーという街で起こった事件が舞台です。

 調べてみると、「血の日曜日」と呼ばれている事件は、たくさんあることがわかりました。
 古いほうから順に挙げると、1887年のロンドン、1900年の南アフリカ(ボーア戦争時)、1905年のサンクトペテルブルク、1913・1920年のダブリン、1939年のビドゴシチ(ポーランド)、1939年のワルシャワ、1965年のアメリカ、1972年のデリー(以上Wikipedia参照)。

 いろいろな背景があるのですが、多くはデモ行進に対する弾圧事件を指しているようです。
 この映画で描かれている北アイルランドのデリーでの事件も、やはりデモ行進に対する弾圧事件です。

 北アイルランドといえばIRA。カトリック系住民とプロテスタント系住民(および政府)との激しい対立、という構図があります。
 だから、IRA主体の激しい抗争に対する弾圧なのかな、と思ってしまいがちですが、どうもそうではなさそうなのです。

 アメリカの公民権運動の影響を受けた、極めて平和的なデモ行進に対しての、無差別発砲事件。そんな酷いことがどうして起こったのかを描いているのです。

 この映画を観てまず感じたことは、イギリス国軍側の緊張感の過大さです。まるで戦争の最前線にいるかのような緊迫感・高揚感を兵士たちは感じていて、若者たちからの投石を受けながら、上層部からの指示を今か今かと待ち望んでいる。
 そして、反撃開始の指示を受けるやいなや、千切れんばかりに伸びきったゴムのように、一気に進軍。「後追いをするな」との指示があったにも関わらず、「相手が銃撃している」と思い込み、丸腰の市民を次々に虐殺する。

 とうてい許されることではありません。しかし、IRAという武装勢力が紛れ込んでいる街の最前線で体を張っている兵士が暴発するのは、理解できないことではありません。
 問題は、本来戦争の最前線にいるはずのエリート部隊であるパラシュート部隊が、なぜデモ行進と対峙する配置をされていたのか。なぜそんな部隊に、進軍の指示を出したのか、というところでしょう。

 イギリスという国は、こういった問題には極めて対処が上手いと思っていたのですが、こんな大きな過ちを、しかも1970年代に起こしていたとは、驚きでした。

 案の定、この「血の日曜日」事件はIRAのテロ活動が市民に受け入れられる素地を作ったようです。
 丸腰の市民、多くは10代の若者たちが、エリート兵士たちによって目の前で虐殺されたのですから、「暴力には暴力で」という方向に向かって当然です。

 イギリスらしいやり方で、カトリックの公民権運動に対処していれば、今日まで続くIRAとの泥沼の戦いはなかったのではないでしょうか。
 少なくとも、デモの主導者である国会議員(プロテスタント系)は、本気で平和的に解決する方法を模索していた。
 その動きをつぶして、IRAの勢力増長を助けてしまった、大きな分岐点になったようです。

 ドキュメンタリータッチの社会派映画なので、娯楽性には乏しい作品です。しかし、北アイルランドの紛争がなぜ今まで延々と泥沼化してきたのか、ということを知るためにはとてもいい映画でした。

 エンドロールで、裁判では軍隊の行為が正当化されたこと、発砲した兵士たちが誰も処罰されなかったこと、指揮した士官たちが女王から叙勲を受けたことなどを指摘しています。また、作中でも士官に「首相は”暴動はもううんざりだ”と言っている」と言わせ、首相の意向をくんで士官たちが動いたことを示唆するなど、メッセージ性の極めて高い作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/119-7d603f47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。