読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オールド・ボーイ
オールド・ボーイ プレミアム・エディション オールド・ボーイ プレミアム・エディション
チェ・ミンシク (2005/04/02)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


2003年 韓国映画
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この映画、日本の漫画が原作なんですね。知らずに観てしまいました。
 つい数年前までは日本文化の流入を頑なに拒否しようとしていた韓国で作られたというのは、隔世の感があります。

 主役のオ・デスを演じるチェ・ミンシク、敵役のウジンを演じるユ・ジテ、ヒロインのミドを演じるカン・ヘジョン(ちょい中島朋子似)、みんな体当たりの熱演でした。
 特にチェ・ミンシクの熱演ぶりはすごく、アタマからなかなか消せないほどの印象度でした。

 でも、ちょっと後味が悪すぎるというか・・・。
 人間心理の深層を抉りとろうとするような深みのある作品であれば、後味の悪さもガマンできるのですが、この作品はあくまで娯楽作品。
 観終わった後、「復讐」「近親愛」といったテーマについて考えるような作品ではありません。
 だから、ただ後味の悪さを感じてしまう。悪趣味な映画だな、とすら思ってしまいました。

 最後のドンデン返しにはハッとさせられたし、それなりに引き込まれたんですけどね
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/118-37359d4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。