読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイドウェイ
サイドウェイ〈特別編〉 サイドウェイ〈特別編〉
ポール・ジアマッティ (2006/01/13)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


2004年 アメリカ・ハンガリー合作
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 妻に逃げられたサエない男のお話。
 アメリカ映画らしからぬ抑えた演出は好感が持てます。でも、ちょっと主演のマイルスに魅力が無さすぎ。
 サエない男という設定はいいとしても、イジけてばかりで不貞腐れてばっかりいて、イタすぎる。
 延々と不貞腐れた顔ばかり見せられると、ちょっとげんなりします。

 マヤという、知的でキレイな女性と知り合って、いい関係になるのですが、マヤがマイルスを好きになるのが嘘くさい。
 ルックスも中身もサエない、ワインのウンチクばかり語りたがる男って、仮に作家だと騙されていたとしても、惚れたりするものなのかなぁと疑問を感じてしまいました。

 ワイン通で知的なところをアピールできていればいいのだろうけど、自分の気に入らないワインをあからさまに罵倒してみたりする、オトナになりきれていない姿ばかり見せていたのだから・・・。

 こういう、さり気ない演出の映画は好きなほうなのですが、マイルスのダメさ加減にうんざりするばかりの作品でした。
 マイルスと、親友のジャックとの関係は良かったんですけどね。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/116-b0866c02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。