読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カランジル
2003年 ブラジル映画
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 日本では劇場未公開の作品。
 2006年2月はドキュメンタリー強化月間なのか、WOWOWでマイナーなこの作品を流していました。

 この作品はドキュメンタリーではないのですが、1992年にサンパウロの刑務所で実際にあった事件を基にしています。
 暴動を起こした刑務所の服役囚たちに対し、警官隊が無差別発砲、111人が死亡したという事件です。

 逃げ惑う囚人たちを一方的に殺戮した警官隊たちの行為を告発するという描き方をしていて、社会性の高い作品と言えるでしょう。
 でも、作品中のほとんどの時間は、刑務所の中の日常が描かれています。

 刑務所の日常を丹念に描いておいて、唐突に事件が勃発する。
 そういう描き方をすることで、事件の残忍性を際立たせようとする狙いがあったのかもしれませんが、私にはちょっとチグハグに思えました。

 事件そのものよりも、日本人である私にとっては、カランジル刑務所の日常そのものが衝撃的だったのです。
 こりゃ動物園だ、と言ったら動物に失礼なんじゃないかとすら思えるような無秩序で野蛮な世界。
 囚人同士の殺人すら頻発するような世界なのです。

 まるで「刑務」所としての機能が働いておらず、ただ悪党たちの巣窟と化している刑務所。
 日本人の私にはそのことが衝撃的で、日本とブラジルの文化の壁を感じてしまったのでした。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/109-c416f95c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。