読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父、帰る
2003年 ロシア映画
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 タイトルどおり、父が帰ってきます。

 12年間も家族と音信不通だった父親が、何の前触れもなく、唐突に帰宅。
 そして、父と2人の息子との、理由のわからない旅が始まります。

 とにかく何もかもが、理由のわからないことだらけ。
 父はなぜ12年間も留守にしていたのか。
 父はなぜ息子たちを旅に連れ出したのか。
 父はなぜ息子たちに辛く当たるのか。
 母はなぜそんな父親を受け入れているのか・・・。

 余計なこと、というより本来必要だと思われる情報さえ何も提示されないまま始まり終わってしまう、親子3人の不思議なロードムービーでした。

 ここまで観客側に情報を提示しない作り方というのは、当然監督の狙いがあってのことでしょう。
 どうとでも解釈しようのある、それがこの作品の味なのだと思います。

 ネット上の議論で、「父=神」なのだという解釈がありました。
 ソビエト時代の無神論から、再びロシア正教の価値観に戻されたロシアの人々。
 今さら何なんだ、というロシアの人たちの困惑が、息子2人の困惑に投影されているのではないか、というわけです。

 なるほどな、と思いました。
 でも私は、ちょっと角度を変えて考えてみました。
 ソビエト連邦崩壊という時代背景があるのは同じですが、神の存在うんぬんではなく、資本主義的な価値観に対する困惑が描かれているのではないのか、と考えたのです。
 12年間という父の不在期間が、それを象徴しているように思えます。
 この作品は2003年製作。その12年前というと、1991年。そう、ソビエト連邦崩壊の年です。
 この父親は、そんな時代の波に呑まれてしまった人なのではないでしょうか。旧体制側の人間として監獄にいたのかもしれません。あるいは、資本主義の潮流に乗ろうと、ダーティーな世界で暗躍していた人なのかもしれません。
 ソ連崩壊後、ロシアという国はあまりにも大きな激動を経験し、弱肉強食そのものの世界になってしまっています。

 そんな時代を経験した父は、世の中の厳しさ、汚さというのをイヤというほど知ってしまった。
 息子たちには、厳しい時代を生き抜くためのチカラを授けてやりたい。そんな思いから、父は息子たちに甘い顔を一切見せずにいたのではないかと考えたのです。

 もちろん、こんなのは解釈の一つにすぎません。
 他にいくらでも、この映画を観る切り口はあるでしょう。
 ちなみに監督自身は、「これは人間の魂の、母から父への、形而上学的な旅についての映画である」と語っていますが、キリスト教世界の外に生きる私たちには、わかったようでわからない説明ですね。

 私の解釈など、安易すぎるのかもしれません。
 でも、この映画を観る切り口はいくらでもあっていいのだと思います。

 監督はまた、「観客の心に傷を残したかった」と言っています。
 監督の思うとおり、この作品は何がしかの傷を観客に与えずにはいない作品です。

 主演の男の子(兄のほう)が公開後に溺死した、というオマケまでついた、なんだかとても心に刺さる作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
こんにゃちは!
http://roo.to/bloog-ranking/←のサイトに記事が載っていたので、見にきちゃいましニャ(・ω・)ノ
2006/02/09(木) 21:10:05 | URL | ぬこりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/107-03947cc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。