読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラザーフッド
2004年 韓国映画
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 韓流ブームの真っ只中、チャン・ドンゴンとウォンビンというイケメン俳優が主役という点で、何となく観る気がしていなかったのですが、なかなかどうして骨太のいい映画でした。

 韓流ドラマっぽいベタベタの演出が鼻につくところもあったけれど、それ以上にこの作品の骨太さ、メッセージ性の強さが印象的でした。

 私たち日本人は、朝鮮戦争についてあまりに無知なんだなぁとつくづく感じました。
 北朝鮮がソウルを支配していたことがあったなんて知らなかったし、逆に韓国がピョンヤンを陥落したことがあるってことも知らなかった。
 それに何より、「言葉が通じる同胞たちが殺しあう」ということの残酷さを、知らなかったのです。

 韓国軍兵士と北朝鮮軍兵士は、着ている服が違うだけで、顔かたちに違いはありません。
 そんな彼らが、互いに銃剣で突き合い、首を締め合う姿は、見るに耐えないものでした。

 そして、とても印象的だったのは、韓国の現代史の暗部にまで切り込んでいる点。
 例えば、兄ジンテの婚約者がソウルで惨殺されるシーンがあります。彼女が「保導連盟に加入していた」という理由からです。

 ここのくだり、そもそも「保導連盟」とはいったい何なのかすら私はわからなかったので調べてみました。
 保導連盟というのは、「思想改善組合として韓国政府が組織し、そこに登録すれば共産主義者として処罰はしない」としたものだそうです。

 ジンテの婚約者は「登録すれば麦がもらえるから」といった程度の感覚で保導連盟に登録していたわけですが、そんな彼女ですら結局「共産主義者」として殺される。
 李承晩時代の極端な反共政策の一幕、韓国人にとっては暗部の一つでしょう。実際、この問題については韓国ではタブーとなっていると言います。

 ベタベタのメロドラマのようであり、一方でジンテの人間業ではない戦闘を描いた戦争アクションもののようでもあり、娯楽作として楽しませる力を持っています。
 でもさらに、この作品には「朝鮮戦争とはいったい何なのか」「南北分裂とはいったい何なのか」という問題意識が強烈に感じられ、とても印象的でした。

 こういう映画を観ると、現代の韓国映画というのは本当に力があるのだなとつくづく思います。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/106-377367da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。