読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キング・コング
2005年 ニュージーランド・アメリカ合作
TOHOシネマズ南大沢にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 アクション系映画にあまり関心が向かない私ですが、あまりにレビューサイト等での評価が高く、しかも監督がピーター・ジャクソンだということもあり、この作品は楽しみにしていました。

 いや~、評判どおり、物凄く楽しめる作品でした。
 3時間30分あまりの作品なので、途中ダレるかなと思っていたのですが、ずっと緊迫しっぱなし。
 恐竜に追いかけられたり、コングが恐竜と格闘したりというシーンには、文句なしに引き込まれました。

 もともとピーター・ジャクソンが、オリジナル(1933年)版の大ファンだったことでリメイクされた作品なのですが、彼のオリジナルに対する愛というか、リメイクしていて楽しくて仕方がない、という気持ちが溢れてくるような作品でした。
 私はオリジナル版を見たことないので、どちらが優れているのかはわかりません。
 隣席に座っていた10歳くらいの子が、「やっぱりオリジナルの方がイイよね」とエンドロールが終わったときにボソっとお父さんに呟いたのにはずっこけそうになりましたが・・・。

 ラストシーンで、監督ジャックが「美女がコングを殺したんだ」というような台詞がありますが、この台詞に引っかかったヒトは多いようですね。私も引っかかりました。
 原語(英語)では”It was beauty killed the beast.”って言っているんで、もしかしたらこの”Beauty”は「美女」ってだけではなくて、「美しさ」「美しい景色」のことも指しているのではないかと個人的には思っています。
 と言うのも、コングが審美眼を持っているということは、島で夕日を眺めるシーンから示唆されています。
 コングがビルに登って飛行機と格闘する前も、コングは頂上から遠くをぼーっと眺めています。
 だから、「女性や景色の美しさを感じる知能を持ってしまったがために、コングは死んでしまったんだ」という意味なのではないかと思ったのです。

 ネット上でもこのあたりのことは議論されていて、上記のような解釈は「深読みしすぎ」とバッサリやられてしまっていますが、本当にただ「深読み」でしょうか?
 そう読まないと、彼の台詞の意味はバカバカしい発言でしかないように思うのですが・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryochi.blog2.fc2.com/tb.php/104-9e118779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
●『キング・コング』2005年12月17日。映画チラシ3種目といいつつ実は5種目になります。しかも、全て2つ折B5。その中にユナイテッドシネマ版があります。情報だけで入手はできていませんがいずれ入手して掲載します。今回の最新チラシで問題箇所(音楽担当)...
2006/01/31(火) 21:20:53 | 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。