読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フラガール
フラガール フラガール
李 相日、羽原 大介 他 (2006/08)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


2006年 日本映画
TOHOシネマズ南大沢にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 先日TBSの「情熱大陸」で蒼井優の「女優っぷり」を垣間見て、さっそく気になる女優No1となってしまった蒼井優を目当てに観に行きました。
 だって、かの岩井俊二が「蒼井優と仕事すると、自分が凡才だって思い知らされる」ような旨のことを言ってるくらいなんですから。

 さて、その蒼井優ですが、それはもう素晴らしい女優っぷりでした。巷間よく言われているように、松雪泰子を完全に食ってます。
 今まで蒼井優と宮崎あおいを混同していたほどで、「要するにアイドルだろ」くらいにしか思っていなかった自分を恥じています。蒼井出演作を観まくらなくては。

 蒼井優の素晴らしさについてもっと語りたいところなのだけど、きりがないのでそれは置いておくとして、作品としてこの「フラガール」はどうか。

 実はまったくノーチェックで観たので、そのシリアスな設定に驚かされました。

 昭和40年頃の閉山間近の炭鉱の町という設定だとは夢にも思わなかった。かの「スパリゾート・ハワイアンズ」が炭鉱の失業対策だったとは・・・。正直、スパリゾートを見る目が変わりました。宣伝効果抜群ですね。

 閉山間近の炭鉱の町という設定からは、ちょっと前のイギリス映画をついつい連想してしまいます。「ブラス!」とか、ケン・ローチの「ケス」あたりを。

 イギリス映画的な、シリアスながらもユーモアもありハートフルでもある作風でした。ケン・ローチあたりに影響を受けてるのかな。

 散漫な文章になりましたが、ともかくいい映画です。
 今年の日本映画No.1は決定かな(って、ぜんぜん今年は観てないから大きな声で主張はできませんが)。

 去年「ALWAYS」で今年「フラガール」となると、なんだか昭和を描いたノスタルジックな作風が流行になりそうで、それはそれでちょっとイヤな感じはありますけどね。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

復活宣言
 さて、今年に入ってめっきり更新頻度が低くなってしまった、というかあまり映画を観てすらいなかったわけですが、ここで復活宣言いたします。

 実は今年は「家の購入」という一大イベントがあり、正直映画どころではなかったのです。
 その一大イベントも一段落し、秋も深まり何となく映画な気分も高まってきた、というわけです。

 と、あまりこのブログを見てくれている人は多くないことを承知の上で宣言してみました。

 もっと多くの人に観てもらえる面白いブログにしなくちゃね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。