読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー
2002年 アメリカ映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 黒人俳優の大御所といった風格の出てきたデンゼル・ワシントンの初監督作品。彼の出演している作品を観ていれば、彼が知性と良心を兼ね備えている人だということは容易に想像つくが、この作品はその知性と良心が溢れ出るような作品だった。こういう良心的なアメリカ映画を観るとうれしくなる。

 簡単に言えば、幼い頃からの心の傷のために暴力沙汰を起こしてばかりいる短気な青年の再生物語。母親が刑務所で服役中に父親は殺され、母は刑務所で産まれた自分を見捨て、里親の下では死ぬほど殴られ、性的虐待をも受ける。久しぶりに会った唯一の友人はスーパーで強盗をしようとして目の前で殺される・・・。とにかくこれ以上考えられないような過酷な環境のなかで育った青年アントワンは、水兵となってからも、侮辱に対して怒りの衝動を抑えられないでいた。この話が、「アントワン・フィッシャー」という実在する人物の物語だということが最後に明かされたときは、さすがに驚いた。

 海軍の診療所で彼を担当する精神科医ダベンポートを演じたのが、監督デンゼル・ワシントン。やはりこの人の演技力には改めて脱帽するしかないが、この精神科医の描き方もおもしろかった。
 アントワンにとって、ダベンポートは唯一頼れる父親のような存在になっていく。観客にとって、ダベンポートは迷える子羊を導く神のような存在だ。しかし、ダベンポートはアントワンに対して必ずしも献身的ではなく、ビジネスライクに冷たくあしらうことすらある。
 ダベンポートも神ではなく、妻との間に人に言えない悩みを抱える一人の人間なのだ。そのように描かれることで、この作品はただのお涙頂戴モノとは一線を画している。

 この作品を観ている間、ずっと頭にあったのは、「犯罪者の更正」の問題。最近の日本では、許しがたい凶悪で卑劣な犯罪がやたらと増えてきているので、どうしても犯罪者への憎しみや蔑みを抑えられず、やはり悪いやつは悪いんだと考えてしまう。
 アントワンは犯罪者だとは言えないが、ダベンポートとの出会いがなければいずれ何らかの犯罪を犯したかもしれない。人に愛されず、必要とされているという実感もなく生きてきた人間が、人に愛され必要とされることで、生まれ変わっていくことができる。
 この作品はその当たり前だとすら思っていたことを、説得力を持って描いてくれた。

 玉石混交の、多くの作品に出演しているデンゼルだが、彼の根っこには、やはり黒人差別への問題意識が深く根ざしていることも感じられた。
 「遠い夜明け」や「マルコムX」で黒人差別と戦う活動家を演じたデンゼル。アパルトヘイト時代の南アフリカや、公民権運動以前のアメリカだけではなく、現代のアメリカでも根強く黒人差別があるのだという問題意識が彼にはあるのだろう。

 現代のアメリカにおいて、黒人以上に差別の対象となりえるアジア人である私にとっては、現代の黒人差別というのは肌で感じにくいというのが正直なところ。しかしデンゼルのいるポジション、つまり黒人差別を正面切って描ける黒人というポジションは貴重だろう。これだけの大役者になりながらもアンクル・トムにはならない彼には頭が下がる。

 話の展開に盛り上がりが欠ける点があるのも確か。しかし、これだけ緻密に、アントワンという一個の人間の心を描ききったデンゼルには拍手を送りたい。これからは監督・デンゼルにも期待していいのかな。
スポンサーサイト
スリング・ブレイド
1996年 アメリカ映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 公開当時、良い作品だということで話題になっていたので、気にはなっていた。だけど、障害者と少年の物語だという設定から「お涙頂戴モノだろう」と思い込み、結局劇場には向かわなかった。
 公開から7年ほど経って初めて観たことになるが、こんないい作品を公開当時観に行かなかった私はバカだった。
 いや、いい作品、と言うのは少し違うかもしれない。ハリウッド映画らしからぬ結末は、むしろケン・ローチあたりのイギリス映画を連想させる。決して後味のいい作品ではない。

 後味のよくない最大の理由は、結局主人公のカールが、25年前と同じように、殺人を犯してしまうこと。それは決して彼の身勝手や短気によるものではないように描かれている。しかし、友達になったフランク親子を救うためとは言え、人を殺してしまうということは、当然のことながら許されることではない。彼が同じ過ちを犯してしまったのは、やはり知的障害があることとは決して無縁ではないと思う。彼にはそれしか方法がなかったのだ。
 精神障害者と再犯の問題が注目され、「精神障害者は簡単にシャバに出すな」といった世論が強くなってきていることを考えると、カールが結局殺人を犯してしまったということに対しては、重い気持ちにならざるをえない。私には消化不良気味なテーマだ。

 ロクデナシの男とカールの父親以外、カールやフランクの周りの人たちは皆いい人として描かれている。精神病院の院長、カールの勤め先のオーナー、フランクの母親、フランクの母親の友人のゲイ・・・。しかし、それでもロクデナシの男ひとりがいるだけで、カールやフランクは不幸のどん底に追い込まれてしまっているのだ。

 そのロクデナシの男も、極悪人というわけではない。日中は工務店のオーナーとして頑張っているし、フランクの母親のことは本気で愛している。人間らしいところもあるのだ。言ってみれば、世間にいくらでもいるDV男のひとりに過ぎないのだろう。

 だからこそ、カールがその男を殺してしまったということに、重い気持ちになってしまうのだ。そこまでしなくても、という思いがどうしても抜けきれない。

 主人公カールは、聖者のような達観したようなところのある人物。彼のキャラクターも面白いが、むしろ私は、少年フランクに心を動かされてしまった。
 大好きな父親を亡くし、未亡人となった母のところにはロクデナシの男が入り浸っている。フランクの心は、いつも寂しさと怒りとやるせなさで満ちている。そんなフランクの心が痛いほどよくわかったし、カールが人殺しだと知っても気にせずなついていったのもよくわかる。
 本当は誰よりも心が優しいのに、嫌なことや辛いことばかりを経験し、怒りにを抑えきれずロクデナシをにらみつけ、「あいつを殺してやりたい」とカールにこぼすフランク。
 「もう疲れたよ」と言ってうつむき加減になってしまうフランクの心を思うと、やりきれなくなる。
ペーパー・ムーン
1973年 アメリカ映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 聖書を売り歩く詐欺師と、母を亡くし路頭に迷った少女のロードムービー。

 ロードムービーは好きだし、普段参考にしているレビューサイトでの評価がかなり高かった(10点満点中8.49点/72人の評価平均)ので、かなり期待して観たのだけど、どうもダメだった。

 ライアン・オニールとテイタム・オニールの親子が共演しているというのが話題になったみたいだけど、私には二人とも馴染みがないので、ピンとこない。

 テイタム・オニールの幼いながらの好演技が、アカデミーの助演女優賞を撮ったのも当然と思わせるような素晴らしさだったことくらいしか、印象に残っていない。 

 正直ラスト30分ぐらいはグーグー居眠りしていて、まったく観ちゃいないので、これ以上の評価はできません。
ジョゼと虎と魚たち
2003年 日本映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 妻夫木聡と池脇千鶴の、ちょっと変わった恋愛映画。坂道を転がり落ちてきた乳母車を覗き込むと、中からは・・・という予告編がとても印象的だった。

 健康な青年と障害のある女の子との恋、という設定は、ふと熊井啓の「愛する」を思い浮かべた。話の展開も多少似通ったところがある気がする。
 「愛する」が90年代に作られた割には時代錯誤な古臭さを感じさせたのに対して、この作品は多少はマシだったとは思う。
 しかし、遠藤周作、田辺聖子といった小説家が一昔前に書いた小説を無理やり現代にあてはめて描いた、という点は一緒。ウソくささがどうしても拭えなかった。

 この作品は、青年役の心の機微がとても大事なんじゃないかと思うのだが、妻夫木の演技からはあまりいろいろ感じるところがなかった。彼の爽やかな笑顔は、こういう役柄だとただウソ臭いだけにしか感じられない。

 健常者と身障者の恋という、いわば重いテーマを扱っているにも関わらず、描き方があまりに軽い。心の動きをサッとなぞっただけのような描き方で、どれだけ葛藤してどれだけ悩んでああいう結末になったのかがまるで見えてこない。
 池脇千鶴のヌードも、ファンにはうれしいのかもしれないけど、安易な演出だとしか思えなかった。どうせやるなら障害者特有の性の問題を、つっこんで描かなくてはならないんじゃないか。

 もしかしたら、「健常者と身障者の恋」を経験、あるいはそれに近い感情を経験した人には、私が必要とするような演出は必要なく、この作品の自然体な描き方がグッとくるのかもしれないが。
RAY/レイ
2004年 アメリカ映画
立川シネマシティにて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 2004年に惜しまれながら亡くなったレイ・チャールズの伝記映画。盲目の天才ピアニストであり、ソウルの神様と呼ばれたレイの素顔を垣間見ることができて、興味深い作品だった。

 純粋に作品の質だけを見れば、盛り上がりに欠けたり、ラストでのレイの復活までの経緯が割愛されたりと、多少不満もあるのだが、そんなことは些細なことだと思えるくらい、興味深い作品だった。

 「エリー・マイ・ラブ」で日本でも人気の高いレイは、その音楽はよく知られているが、生い立ちや人となりというのは意外と知られていなかったと思う。
 この作品を撮るために、監督のテイラー・ハックフォード(「愛と青春の旅立ち」の監督)は15年にも及ぶレイへの取材を続けていたという。心からレイを敬愛していた彼にレイは心を許し、「どんな描き方をされてもかまわないが、真実を伝える映画でなくてはならない」と注文をつけたという。
 だからこそ、レイの天才ぶりや人間的な魅力だけではなく、ヘロインの常習者であったこと、女性関係にだらしなかったことなどをも描ききれたのだ。

 そんな負の部分もひっくるめて、レイ・チャールズという一個の人間は偉大であり、そして魅力的であったと思う。彼が幼少期から受けてきた苦しみを知れば、なおさらだ。

 1930年、南部ジョージア州で貧しい黒人家庭に生まれたレイは、7歳の頃に自分の目の前で弟が事故死するという悲劇を経験し、さらにその後緑内障を患い視力を失う。
 貧困・黒人差別・幼少期のトラウマという三重苦に加え、光さえ失ってしまう。7歳という年齢でそんな絶望的な状況にあったのにも関わらず、いじけずに胸を張って生きてきたのは、「盲目でもバカじゃない、自立して生きなさい」と厳しく教え支えてくれた母親の存在が大きかったと、レイは言う。
 
 ミュージシャンとなってからも、盲目であるがために、周りの人たちにうまく利用されてきた。それでもレイは挫けることはなく、盲目であるということに逃げることもなく、正々堂々とぶつかり、自分で道を切り開いてきたのだ。

 そんなことができたのは、レイがミュージシャンとして天賦の才があったからだというのは否めないだろう。しかしそれ以上に、自分の道を自分で切り開くという強烈な意志力がなくてはありえない生き方であり、その強烈な意志力こそがレイの魅力なんだと思う。

 私がリアルタイムで知っているレイは、いつもニコニコと人生を楽しんでいる好々爺。そんなレイの笑顔の裏にあった過酷な人生を垣間見ることができ、レイ・チャールズという一人の人間の魅力の虜になってしまった。

 それも主演のジェイミー・フォックスの神がかった熱演あればこそ。「マルコムX」のデンゼル・ワシントンを彷彿とさせるような素晴らしい演技で、不自然さなど微塵もなく、レイの生き写しのように見えた。ジエイミー・フォックス一世一代の大演技となるかもしれない。その熱演ぶりにも感謝したい。
CAPA in love & war
2003年 アメリカ映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 あまりにも有名な戦場カメラマン、ロバート・キャパの伝記映画。キャパと親交のあった人たちへのインタビューを中心に、キャパの撮った写真を交えながら、キャパの人生を追いかける。
 私は戦争写真・報道写真の世界に興味があるので、キャパの生き方に興味を持ちながら楽しく観ていられた。でもこれは映画というよりも、BBCあたりの特集番組にありそうな作りなので、劇場でカネ払って観るものでもないのかな、とは思った。
 また、キャパをよく知る人たちには、すでに知っていることばかり列挙されているように思えたかもしれない。私も、何度かキャパの写真展を観にいったりしているので、大方はすでに知っていることだった。

 すでに知っていることではあっても、キャパの生き方はやはりすごい。ユダヤ系ハンガリー人として生まれたために、祖国ハンガリーを追放され、ナチスの台頭したベルリンにもいられなくなり、パリへ。そしてアメリカへ。キャパ自身の言っているように、まさにジプシーだ。

 所々で挿入されるキャパ自身の写真を見るにつけ、キャパがなぜいい写真を撮り続けることができたのかを理解できる。キャパの人懐っこい笑顔に皆が魅了され、至近距離から撮られてもリラックスしたままでいられるのだ。

 いい写真を撮るには、特に報道写真においては、技術の良し悪しは二の次。何よりも近くに寄らなくてはならない。そして、そのためにはキャパのような人間臭い魅力が必要なのだ。そのことを改めて認識させてくれる映画だった。
  
ドッグヴィル
2003年 デンマーク映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」で観客を不快にさせたラース・フォン・トリアーの作品。この作品も「ダンサー~」に負けず劣らず不快な作品となっている。

 とにかくこの人は人間の暗部を抉り出すのに熱心だ。この作品では、ニコール・キッドマン扮する美女がギャングに追われてやってきた村の人々の身勝手さを描いている。

 村の人々は、一見無垢なようだが、その実とても懐疑的で浅ましく、保身的で身勝手だ。確かに、そういった農村部の閉鎖性というのは実際に存在する。
 しかしそれを暴き立てるだけ暴き立てておいて、ケチョンケチョンにやっつけてしまうことに何の意味があるのか。観客の気持ちを逆なでする以上に何か意味があるのだろうか。
 ましてや、デンマーク人のトリアーが、わざわざ舞台をアメリカとしていることにも、何だかイヤらしさを感じてしまう。
 例えばインドやネパールなどで、その国の映画作家がこういったテーマの作品を描いた場合、社会性の高い作品として評価できるのだが、この作品の場合はただのゲームでしかない。

 この人の描く世界には反感を憶えるのみだ。ニコールが相変わらず怖いほど美しいこと以外に、この作品には何も見るものはなかった。奇抜なセットも、トリアー独特の語り口も、いくら斬新で優れていたとしても、もっと根源的な部分でこの作品を否定したい。

 しかし、トリアーは確信犯的に人に嫌悪感を抱かせる作品を創り続けているのだろうから、私もすっかりその術中にはまっているだけなのかもしれない。

 前日に観たデンマーク映画「しあわせな孤独」では、暖かい視線にすっかり魅了されてしまったが、この作品はそんな暖かさとは対極にある。この作品を「デンマーク映画」として評価することはやめたほうがいいのだろうが。 
戦場のフォトグラファー ジェームズ・ナクトウェイの世界
2002年 スイス映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 アメリカ人戦場カメラマン、ジェームズ・ナクトウェイを追ったドキュメンタリー。
 戦場カメラマンを題材にした映画というと、沢田教一の「SAWADA」や、一ノ瀬泰造の「地雷を踏んだらサヨウナラ」のようなヴェトナム戦争時代のカメラマンを連想するが、ナクトウェイは現代に生きるカメラマン。ここで出てくるのは、コソボやルワンダ、南アフリカやインドネシアといった、90年代に内戦や騒乱のあった地。ヴェトナムと違い、リアルタイムで報道に接していた戦場ばかりなので、とても生々しい。

 ナクトウェイの思慮深さと物静けさには驚かされる。
 戦場のジャーナリストというのは、この作品に出てくるロイターのカメラマンも吐露していたように、大多数は冷淡で功利的。人間的には鼻持ちならないような人が多いのが事実だと思う。所詮高みの見物なのだ。
 ナクトウェイは、実に静かに、一人戦場に飛び込んでいく。愛する人を失い悲嘆に暮れる人々に、手を伸ばせば触れられるような近さでシャッターを切り続ける。
 それは一種の冷酷な撮影マシーンのようにも見える。しかしナクトウェイは、撮影の対象とは事前に心を通わせるような努力を怠っていないのだ。撮影の対象となった人たちの信頼を勝ち得ているからこそ、ナクトウェイはあんな近さから、悲しみのほとばしるような写真を撮ることができたのだ。

 戦場で人間らしさを保ったままカメラマンとして存在しつづけるというのは、とても辛いことだろうと思う。冷酷に「オレは部外者だ」と言い捨て、助けを求める声に耳を貸さず、仕事と割り切るほうがはるかに楽なはず。
 しかしナクトウェイはそういうスタイルはとらない。
 インドネシアの騒乱でキリスト教徒のアンボン人がイスラム教徒の群集に殴る蹴るの暴行を受け今にも殺されようとしているとき、「この人を殺さないでくれ」と土下座して群集に懇願する。パレスチナの内戦では、パレスチナの群集に混じって銃撃を受け、催涙弾を浴びて苦しむ。
 彼は常に当事者の視点に立ち続ける。
 
 彼は常に人間らしい優しさを忘れない。戦場においても、「これは仕事だから」と割り切ることなどない。彼の物静かで古武士のような佇まいは、彼が目の当たりにしてきた現実を、逃げることなく受け止めてきたことをよく表しているように思えた。

 アメリカ人である彼の目に、イラク情勢はどう映っていたのだろうか。ぜひとも知りたいところだ。
しあわせな孤独
2002年 デンマーク映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 あまりお目にかかることのないデンマーク映画。物珍しさから観たようなものだが、人間の心理描写の深さが印象的な作品だった。

 結婚間近の幸せな若いカップル(ヨアヒム&セシリー)と、3人の子供を抱えた医師夫婦(ニルス&マリー)。マリーがヨアヒムを車で轢いてしまったことがきっかけで、ニルスとセシリーが恋に落ちてしまう。

 加害者の夫であるニルスと、被害者の恋人であるセシリーが不倫をするわけだから、客観的に見れば到底許されるものではない。二人の行動は身勝手とそしられても仕方ない。

 それでも、私は二人の行動を非難することができない。
 妻子を抱えながら、言ってみればセシリーの魅力に参ってしまったニルスの行動は、あまり感心することはできないのは確か。しかし、あんな魅力的な女性が悲しみに暮れ、慰めを求めていれば、放っておけないというのはわかる。男の身勝手かもしれないが・・・。
 一方のセシリーも、言ってみれば泥棒ネコなわけだが、ヨアヒムを愛していながらもヨアヒムに拒絶されつづけている彼女の悲しみを思えば、非難することは到底できない。

 不倫はダメ、と片付けるのは簡単だが、ここまで各人の心理描写を丹念に、説得力をもってやられてしまうと、すべてが必然で、運命だったのだと思えてしまう。

 突然の事故で首から下の自由を失ったヨアヒム。ヨアヒムに拒絶され続けるセシリー。家庭を大事に思いながらもセシリーへの想いをどうすることもできないニルス。ヨアヒムを轢いたという罪の意識に苛まれ、一方でセシリーに夫を奪われてしまったマリー。そして、自分のせいで事故を起こしたと罪の意識に苛まれながら、父親の不倫を知ってしまった、ニルスの娘。
 それぞれの苦しみ、悲しみ、葛藤、戸惑いといったものが、極めて丹念に、そして優しい視点で描かれていた。

 デンマーク映画を観たのは多分初めてだが、風景描写の美しさといい、心理描写の緻密さといい、かなり質が高いと感じた。近隣のオランダやドイツの作品に通じるものがあるかもしれない。

 特にセシリーの描写は素晴らしかったと思う。あんなに優しくて寛大で美しくて知性的で、しかも奥ゆかしい女性に求められれば誰だって・・・。

 そうそう、この映画を観て、2002年サッカーワールドカップの際のデンマーク代表チームの評判の良さを思い出していた。
 詳しくは、
http://www.y-ohkawa.jp/essay/H14.8.12sakka.htm
 を見てもらえればわかるが、キャンプ地和歌山でのデンマーク代表選手たちの評判は最高だった。
 特にトマソン。ワールドクラスの素晴らしい選手である上に、人間的にこれだけ魅力的で素晴らしい人はそうそういない。

 この作品に出てくる人たちも、みんな思慮深く暖かい。デンマークというのはそんなに成熟した素晴らしい国民性の国なのかと興味を持った。
ライムライト
1952年 アメリカ映画
テレビ録画にて観賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 チャップリン晩年の名作。
 「殺人狂時代」「モダンタイムス」といった、全盛期のサイレント作品とはかなり趣を異とする作品。サイレント作品にあったようなパワーが感じられない。しかし、老境に入ったチャップリンならではの、リリシズム溢れた素晴らしい作品だと思う。

 1952年当時、赤狩りの嵐の吹き荒れたアメリカにあって、チャップリンは不当にも共産主義者のレッテルを貼られ、国外追放の危機を迎えていた。そんな時代の作品なのである。
 この作品の主人公カルヴェロは、チャップリンそのものなのだろう。落ちぶれて日の目を浴びなくなった喜劇俳優を、チャップリンは自分の姿を重ね合わせながら描いたのだろう。
 かつてスーパースターとしてハリウッドでもてはやされたチャップリンも、この時期はさんざんな目に遭っている。チャイニーズ・シアターの手形には嫌がらせのゴミがうず高く積まれ、やがて撤去されるに至ったという。

 こういうムーブメントというのは恐ろしいと思う。時代の趨勢による集団催眠状態というのは、日本では特に頻繁に見られることだが、アメリカも例外ではないのだろう。この時代の赤狩りにしても、最近のイラク・アフガン政策にしても・・・多数意見が少数意見を飲み込み、圧倒的な力が時代を席巻する。
 この作品も、アメリカでは上映禁止の憂き目に遭った。イギリスでの上映のためイギリスに渡ったチャップリンは、船上でアメリカへの再入国を認めない電報を受け取ったという。つまり追放されたのだ。

 チャップリンは、かつて自分を称え、尊敬してくれていたアメリカが、手のひらを返したように冷淡になり敵意を剥き出しにしていることに、深い絶望感と悲しみを覚えていたのではないだろうか。
 そんな心境にあったチャップリンが、「それでも人生は素晴らしいのだ。生きなくてはならないのだ」と、自分を励ますように創った作品なのかもしれない。

 この作品、主人公カルヴェロは人生論を何度も口にする。「説教臭い」と普通なら感じるところだが、チャップリンの当時の状況を思えば、その言葉一つ一つに説得力があり、心のこもった言葉であることがわかる。

 そうそう、チャップリンと言えばいつも付け髭に山高帽に濃いメイクだったが、この作品ではほとんど素顔のチャップリンが見られる。

 チャップリンの自伝をとても読みたくなった。チャップリンの想いをもっと知りたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。