読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
E.T.
 子供の頃に観た、宝物のような作品。20周年記念ということで、デジタルリミックス版の上映があったので、観に行った。

 20周年ということは、2002年現在27歳の私は、公開当時7歳。ちょうど主人公のエリオット少年と同じくらいの年頃だ。思いっきり、感情移入していたことを思い出す。

 オトナになった今、子供の頃のように感動できるのだろうか。実はつまらないんじゃないだろうか。そんな不安もあったが、杞憂だった。

 やはり、おもしろいものはおもしろい。
 確かに、オトナの目で見ると、話がご都合主義的だなあと感じる部分はある。しかし、子供の頃に印象的だったシーン、例えばエリオット少年とE.T.が出会うシーンや、E.Tがぬいぐるみの中に隠れるシーンなどは、やはり今でもおもしろい。

 20年という期間をおいて、この作品が再びスクリーンで上映されるというのは、素晴しいことだと思う。私のように、子供の頃E.T.を観て感動をした同世代の人たちのうち、少なからぬ人たちは、子供がいることだろう。親子二代でこの作品を観に来て、いっしょに感動する。20年というのは、うまいタイミングだと思う。

 ただ一つ気になったのは、E.Tの表情がずいぶん変わったように感じる点。CGでかなりいじったようで、確かにかわいくはなったのだが、マンガっぽくなってしまったような気も。
[E.T.]の続きを読む
スポンサーサイト
ハッシュ!
 「ゲイのカップル」と「自暴自棄な女性」とが主人公という設定があざといなあ、というのが観る前の正直な気持ち(予断)だった。前評判はいいものの、どうだかなあと斜に構えていたが、とてもいい作品だった。

 作中、一貫して感じるヌルさは、ゲイ特有のものだろうか。ゲイが主人公であるだけじゃなく、監督も? とにかく、そのヌルさが心地よい。

 会話の普通っぽさ、何気なさが印象的。ドモったり、モニョモニョ聞き取りにくかったり。それがナマの生活感を演出している。
[ハッシュ!]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。