読む映画
「感想」に毛の生えた程度のレビューをシコシコ書いています  ネタバレだらけなので、未見の方はご注意ください~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フラガール
フラガール フラガール
李 相日、羽原 大介 他 (2006/08)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


2006年 日本映画
TOHOシネマズ南大沢にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 先日TBSの「情熱大陸」で蒼井優の「女優っぷり」を垣間見て、さっそく気になる女優No1となってしまった蒼井優を目当てに観に行きました。
 だって、かの岩井俊二が「蒼井優と仕事すると、自分が凡才だって思い知らされる」ような旨のことを言ってるくらいなんですから。

 さて、その蒼井優ですが、それはもう素晴らしい女優っぷりでした。巷間よく言われているように、松雪泰子を完全に食ってます。
 今まで蒼井優と宮崎あおいを混同していたほどで、「要するにアイドルだろ」くらいにしか思っていなかった自分を恥じています。蒼井出演作を観まくらなくては。

 蒼井優の素晴らしさについてもっと語りたいところなのだけど、きりがないのでそれは置いておくとして、作品としてこの「フラガール」はどうか。

 実はまったくノーチェックで観たので、そのシリアスな設定に驚かされました。

 昭和40年頃の閉山間近の炭鉱の町という設定だとは夢にも思わなかった。かの「スパリゾート・ハワイアンズ」が炭鉱の失業対策だったとは・・・。正直、スパリゾートを見る目が変わりました。宣伝効果抜群ですね。

 閉山間近の炭鉱の町という設定からは、ちょっと前のイギリス映画をついつい連想してしまいます。「ブラス!」とか、ケン・ローチの「ケス」あたりを。

 イギリス映画的な、シリアスながらもユーモアもありハートフルでもある作風でした。ケン・ローチあたりに影響を受けてるのかな。

 散漫な文章になりましたが、ともかくいい映画です。
 今年の日本映画No.1は決定かな(って、ぜんぜん今年は観てないから大きな声で主張はできませんが)。

 去年「ALWAYS」で今年「フラガール」となると、なんだか昭和を描いたノスタルジックな作風が流行になりそうで、それはそれでちょっとイヤな感じはありますけどね。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

復活宣言
 さて、今年に入ってめっきり更新頻度が低くなってしまった、というかあまり映画を観てすらいなかったわけですが、ここで復活宣言いたします。

 実は今年は「家の購入」という一大イベントがあり、正直映画どころではなかったのです。
 その一大イベントも一段落し、秋も深まり何となく映画な気分も高まってきた、というわけです。

 と、あまりこのブログを見てくれている人は多くないことを承知の上で宣言してみました。

 もっと多くの人に観てもらえる面白いブログにしなくちゃね。

リンダ リンダ リンダ
リンダリンダリンダ リンダリンダリンダ
ペ・ドゥナ (2006/02/22)
バップ
この商品の詳細を見る


 タイトルから、「ブルーハーツ」「バンド」「青春」といったキーワードを連想してしまいますが、実際そのまんまの作品でした。

 90年代に青春時代を送った私にとっては、ブルーハーツの音楽は思い出とガッチリ結びついています。なかでもやっぱり「リンダリンダ」は特別で、あのシャウトを耳にすると、つい体がウズいてしまう。

 1976年生まれ、私と同世代の山下敦弘監督がその感覚を共有しているのだろうことは容易に察しがつきます。

 一方で、この作品の主人公たる現代の女子高生たちはどうなのか。「リンダリンダ」で血が騒ぐのか。
 その点ちょっと疑問を感じてたのだけど、実際「リンダリンダ」は今の高校生たちのなかでも生きているらしいですね。

 現代の「軽音楽部」の女子高生たちが「文化祭」のライブで「ブルーハーツ」を演奏する、という設定が、なんだか新鮮なような懐かしいような、不思議な感覚でした。

 一生懸命彼女たちがリンダリンダを練習しているのは、ほほえましいもんでした。

 でも、ちょっと違和感があったのもたしか。
 いったい、このヌルさは何なんだ。この気持ち悪さは何なんだ・・・という思いがずっとアタマを離れませんでした。

 それは、ボーカリストとして韓国人留学生を持ってくるところにあざとさを感じたせいかもしれません。
 リーダー格の恵の、短気でありながら優しさを併せ持つというキャラ設定(あるいは演技)にウソ臭さがプンプン漂っていたせいかもしれません。

 他にもいろいろと突っ込みどころが満載で、ノリきれない映画でしたが、そもそも30代の既婚の男が観て感情移入できるほうがおかしいのかもしれませんね。
 ま、創っているのは同じ世代の男なんですけど。
 
 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

奇跡の人
奇跡の人 奇跡の人
アン・バンクロフト、パティ・デューク 他 (2005/12/09)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


1962年 アメリカ映画
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 誰もが一度は目にしたことのある、ヘレン・ケラーとサリヴァン先生のお話。私も、小学校とか中学校とかで何度もこの話を聞かされた覚えがあります。

 「奇跡の人」というタイトルは、目・耳・声の三重苦を克服したヘレン・ケラーを指すのではなく、その三重苦を克服させるという奇跡を起こしたサリヴァン先生を指すようです。

 確かに、サリヴァン先生の献身的で辛抱強い指導は感動的で、奇跡的です。本当に素晴らしい話だと思います。

 でも一方で、こういった誰もが知っている「偉人伝」なのだから、通り一遍の演出ではちょっと物足りないのも事実。

 ヘレン・ケラーという人物は、ただの「3重苦を克服した人」ではありません。3重苦を背負いながら、かなり先進的な政治活動を行った人です。

 男女同権、人種差別反対、死刑制度反対といった、20世紀初頭のアメリカとしては「過激」と言ってもいい思想の持ち主だったのです。
 そして、ただ思想として持っていただけではなく、あくまで行動する人だった。

 暗闇の世界で生きていながら、当時としては最先端の過激な思想の持ち主だったヘレン・ケラー。
 アラバマというディープ・サウスの、それも大地主の娘という環境に生まれ育っていることを考えると、自らの環境をすべて否定するかのような思想だったと言ってもいいでしょう。
 その彼女を、生涯に渡って支え続けたのがサリヴァン先生なのです。彼女にずっと寄り添っていたサリヴァン先生が、彼女の思想形成に果たした役割は甚大なはず。
 どうせ描くなら、そこまで描ききってほしいと思ってしまいました。

 ただ、1962年という公開年を考慮すると、そこまで求めるのは酷かもしれない。
 第一、この映画は元々舞台作品で、監督・キャスト・スタッフをほとんど変えないで映画化したものだとのこと。
 「ヘレン・ケラーとサリヴァン先生の奇跡のお話」として完結してしまうのも無理は無いですね。もちろん、それだけでも十分に価値はありますし。

 でも、例えばラストの井戸のシーン、ヘレンが「ウォーアー」って発声するシーンなんかも、実は脚色らしい。あまり忠実に史実に基づかない、脚色過多の作品であることは疑いようがないでしょう。

 美化されていないヘレン・ケラーの、あるいはサリヴァン先生の映画を観てみたい。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ブラディ・サンデー
ブラディ・サンデー スペシャル・エディション ブラディ・サンデー スペシャル・エディション
ジェームズ・ネスビット (2005/10/21)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


2002年 イギリス・アイルランド合作
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ブラディ・サンデー、つまり「血の日曜日」を描いたドキュメンタリータッチの作品です。
 「血の日曜日」というと、ロシア革命以前のロシア・サンクトペテルブルクで起こった事件を思い起こしますが、この映画の舞台はその「血の日曜日」ではありません。
 1972年1月、北アイルランドのデリーという街で起こった事件が舞台です。

 調べてみると、「血の日曜日」と呼ばれている事件は、たくさんあることがわかりました。
 古いほうから順に挙げると、1887年のロンドン、1900年の南アフリカ(ボーア戦争時)、1905年のサンクトペテルブルク、1913・1920年のダブリン、1939年のビドゴシチ(ポーランド)、1939年のワルシャワ、1965年のアメリカ、1972年のデリー(以上Wikipedia参照)。

 いろいろな背景があるのですが、多くはデモ行進に対する弾圧事件を指しているようです。
 この映画で描かれている北アイルランドのデリーでの事件も、やはりデモ行進に対する弾圧事件です。

 北アイルランドといえばIRA。カトリック系住民とプロテスタント系住民(および政府)との激しい対立、という構図があります。
 だから、IRA主体の激しい抗争に対する弾圧なのかな、と思ってしまいがちですが、どうもそうではなさそうなのです。

 アメリカの公民権運動の影響を受けた、極めて平和的なデモ行進に対しての、無差別発砲事件。そんな酷いことがどうして起こったのかを描いているのです。

 この映画を観てまず感じたことは、イギリス国軍側の緊張感の過大さです。まるで戦争の最前線にいるかのような緊迫感・高揚感を兵士たちは感じていて、若者たちからの投石を受けながら、上層部からの指示を今か今かと待ち望んでいる。
 そして、反撃開始の指示を受けるやいなや、千切れんばかりに伸びきったゴムのように、一気に進軍。「後追いをするな」との指示があったにも関わらず、「相手が銃撃している」と思い込み、丸腰の市民を次々に虐殺する。

 とうてい許されることではありません。しかし、IRAという武装勢力が紛れ込んでいる街の最前線で体を張っている兵士が暴発するのは、理解できないことではありません。
 問題は、本来戦争の最前線にいるはずのエリート部隊であるパラシュート部隊が、なぜデモ行進と対峙する配置をされていたのか。なぜそんな部隊に、進軍の指示を出したのか、というところでしょう。

 イギリスという国は、こういった問題には極めて対処が上手いと思っていたのですが、こんな大きな過ちを、しかも1970年代に起こしていたとは、驚きでした。

 案の定、この「血の日曜日」事件はIRAのテロ活動が市民に受け入れられる素地を作ったようです。
 丸腰の市民、多くは10代の若者たちが、エリート兵士たちによって目の前で虐殺されたのですから、「暴力には暴力で」という方向に向かって当然です。

 イギリスらしいやり方で、カトリックの公民権運動に対処していれば、今日まで続くIRAとの泥沼の戦いはなかったのではないでしょうか。
 少なくとも、デモの主導者である国会議員(プロテスタント系)は、本気で平和的に解決する方法を模索していた。
 その動きをつぶして、IRAの勢力増長を助けてしまった、大きな分岐点になったようです。

 ドキュメンタリータッチの社会派映画なので、娯楽性には乏しい作品です。しかし、北アイルランドの紛争がなぜ今まで延々と泥沼化してきたのか、ということを知るためにはとてもいい映画でした。

 エンドロールで、裁判では軍隊の行為が正当化されたこと、発砲した兵士たちが誰も処罰されなかったこと、指揮した士官たちが女王から叙勲を受けたことなどを指摘しています。また、作中でも士官に「首相は”暴動はもううんざりだ”と言っている」と言わせ、首相の意向をくんで士官たちが動いたことを示唆するなど、メッセージ性の極めて高い作品でした。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

オールド・ボーイ
オールド・ボーイ プレミアム・エディション オールド・ボーイ プレミアム・エディション
チェ・ミンシク (2005/04/02)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


2003年 韓国映画
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この映画、日本の漫画が原作なんですね。知らずに観てしまいました。
 つい数年前までは日本文化の流入を頑なに拒否しようとしていた韓国で作られたというのは、隔世の感があります。

 主役のオ・デスを演じるチェ・ミンシク、敵役のウジンを演じるユ・ジテ、ヒロインのミドを演じるカン・ヘジョン(ちょい中島朋子似)、みんな体当たりの熱演でした。
 特にチェ・ミンシクの熱演ぶりはすごく、アタマからなかなか消せないほどの印象度でした。

 でも、ちょっと後味が悪すぎるというか・・・。
 人間心理の深層を抉りとろうとするような深みのある作品であれば、後味の悪さもガマンできるのですが、この作品はあくまで娯楽作品。
 観終わった後、「復讐」「近親愛」といったテーマについて考えるような作品ではありません。
 だから、ただ後味の悪さを感じてしまう。悪趣味な映画だな、とすら思ってしまいました。

 最後のドンデン返しにはハッとさせられたし、それなりに引き込まれたんですけどね

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

恋人までの距離<ディスタンス>
 
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 ビフォア・サンライズ 恋人までの距離
イーサン・ホーク (2006/07/14)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る


1995年 アメリカ映画
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ラブロマンスが苦手な私ですが、レビューサイト等で非常に評価が高かったので、観てみました。

 アメリカ人の青年とフランス人の少女(といっても20代?「青年」に呼応するいい表現って無いものなのかな)とが、ヨーロッパの列車のなかで偶然出会い、たった一日を過ごす。
 出来過ぎの設定と感じる向きもあるかもしれませんが、20代の若い二人なら、十分にありえる話。
 二人で街に降りるというところが大きなポイントですが、二人の心の動きがちゃんと描かれていて、不自然さはありませんでした。

 降りた街がウィーンだってのもイイですね。ロマンティックな日常風景を背景に、二人だけの一日が延々と描かれていきます。
 ウィーンという魅力的な街なのに、二人にはお互いのことしか見えていない。でも、それがよかった。
 二人とも、美男美女ではあるんだけど、浮世離れした美男美女ではなく、街にいくらでもいそうなカップルに見えたのも、よかった。

 二人は延々と、ほんとに延々と話し続けます。それは、翌朝には別れなくてはいけないということを知っているから。
 お互いのことをもっとよく知るために、自分のことを知ってもらうために、ほんとにこの二人はよくしゃべります。

 そして、その会話の内容が、他愛の無いことではなくて、ちょっと知的な会話だったりします。
 世界について、人生について、二人は熱っぽく語ります。
 日本の街角で若い男女二人がこんな会話をしていれば、きっと「オタク臭え」と毛嫌いされてしまうでしょう。日本映画でこういう演出があったとしても、きっと「ウソ臭え」と一蹴されてしまうでしょう。

 でも、この二人の会話は自然に受け入れられてしまう。日本と欧米の文化の違いなのでしょうか。
 あるいは、ウィーンという舞台装置が効果的なのかもしれません。ロサンゼルスやらシカゴやらだと、やっぱり浮いた二人になってしまうでしょうし。

 二人の会話についていくのには苦労しましたが、静かで自然体な、いいラブストーリーでした。
 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

サイドウェイ
サイドウェイ〈特別編〉 サイドウェイ〈特別編〉
ポール・ジアマッティ (2006/01/13)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


2004年 アメリカ・ハンガリー合作
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 妻に逃げられたサエない男のお話。
 アメリカ映画らしからぬ抑えた演出は好感が持てます。でも、ちょっと主演のマイルスに魅力が無さすぎ。
 サエない男という設定はいいとしても、イジけてばかりで不貞腐れてばっかりいて、イタすぎる。
 延々と不貞腐れた顔ばかり見せられると、ちょっとげんなりします。

 マヤという、知的でキレイな女性と知り合って、いい関係になるのですが、マヤがマイルスを好きになるのが嘘くさい。
 ルックスも中身もサエない、ワインのウンチクばかり語りたがる男って、仮に作家だと騙されていたとしても、惚れたりするものなのかなぁと疑問を感じてしまいました。

 ワイン通で知的なところをアピールできていればいいのだろうけど、自分の気に入らないワインをあからさまに罵倒してみたりする、オトナになりきれていない姿ばかり見せていたのだから・・・。

 こういう、さり気ない演出の映画は好きなほうなのですが、マイルスのダメさ加減にうんざりするばかりの作品でした。
 マイルスと、親友のジャックとの関係は良かったんですけどね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

セントラル・ステーション
セントラル・ステーション セントラル・ステーション
フェルナンダ・モンテネグロ (2003/12/05)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る


1998年 ブラジル映画
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ロードムービー好きな私は、ついついロードムービーに対しては評価が甘くなってしまいます。
 この作品も、ブラジルの様々な風景が切り取られているだけで私はうれしくなってしまうのですが、もちろんこの作品の醍醐味は風景ではありません。

とにかく生きていかなくてはいけない環境にいるドーラとジョズエ。決して善人ではないドーラと、素直になれないジョズエが、いがみ合いながらも心を通わせていく過程が自然に描かれていて、とても良い感じでした。

 初老と言っていいドーラが「変わる」ことは、とっても難しいことだと思います。実際、彼女が善人に生まれ変わったというわけではないはず。
 厳しい現実のなかで戦わなくてはいけないけれども、人との関わりを持って、泣いたり笑ったりしながら生きていく。不器用で無愛想なドーラが、ジョズエとの旅のなかでそういう人生を選択しようとしていることが、とても爽やかなことに思えました。

 心にバリアを張っていれば傷つかずにはすむけれど、そんな人生よりも、もっと泣いたり笑ったり素直にできる人生のほうが充実しているはず。
 そのメッセージは、ブラジル社会とはまったく異質の日本に住んでいる私にも、決して無縁ではないんですよね。
パッチギ!
2004年 日本映画
テレビ録画にて鑑賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 井筒和幸監督が描く、1968年の在日社会。
 在日を描いた作品というと、最近では「血と骨」を連想する。「血と骨」では、北野武演じる人物の怪物ぶりに象徴されるように、在日社会のオドロオドロしさが印象的でした。

 この作品でも、朝鮮高校の生徒らの無軌道ぶりが描かれていますが、怖いというよりもヤンチャな小僧たちという描き方がされていて、ずいぶんと明るい。

 私は関西出身なので、「朝鮮学校」というものに対する日本人の微妙な心理(というか恐れ)を身に染みて知っています。それだけに、あまりに明るく描かれてしまうと、「ホントはもっと怖かったぞ」と言いたくもなってしまいますが・・・。

 とは言え、なかなか良い作品でした。井筒作品はあまり好きではないのですが、これは良いです。
 在日の問題というのは、一般の日本人にとっては、あまり知りたくないこと。関わりたくもないこと。
 というよりも、「何それ?」という日本人が多いかもしれませんね。ヨンさまやら韓流ブームやらと言っている一方で、在日の歴史は忘れられようとしている。

 作品中、葬式のシーンで在日一世の爺さんが、「お前らは何も知らない。出て行ってくれ!」と主人公(日本人)に感情をぶつけますが、これが在日問題の核心だと私は思います。

 つまり、歴史健忘症の日本人は、なぜ在日が日本にいるのか、なぜ日本社会への同化を拒むのか、まるで知らない。
 彼らの苦難の歴史を学ぼうとしない。
 それが問題なのです。

 殺された側・虐げられた側の人間は、殺した側・虐げた側の人間よりも、その歴史を忘れないのは当然のことではあります。歴史に対する多少の温度差はあってもやむをえない。
 でも、日本人の歴史認識、という以前に歴史の知識の程度の低さは、話にならないレベルです。

 お互いのことを理解し対話することでしか解決しない。
 ネット掲示板での書き込みなどを見ていると、中国や韓国に対する誹謗中傷があまりに酷くて、頭がクラクラしてくることがままありますが、書き込みをしている連中は中国人や韓国人のいったい何を知っているのでしょう。
 中国や韓国で反日デモをしている学生たちは、日本人のいったい何を知っているのでしょう。

 そんなことを改めて考えさせてくれる作品でした。
 ヤンチャくれの青春映画でありながら、メッセージ性も高くてよかったです。ちょっと説教臭い部分もありましたけどね。
 フランス人と日本人のハーフである沢尻エリカがチマチョゴリを着た朝鮮高校生徒を演じていたことに象徴されるように、在日ではない若い役者たちが在日役を熱っぽく演じているのが印象的でした。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。